HP Pavilion Desktop 595 レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP Pavilion Desktop 595を解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPデスクトップ > HP Pavilion Desktop 595レビュー
HP Pavilion Desktop 595レビュー
HP Pavilion Desktop 595はミニタワー型筐体を採用したデスクトップ(HPミニタワーデスクトップの一覧)。

HP Pavilion 595レビュー

主な特徴は次のとおり。

・第8世代インテルCore i5/i7プロセッサ搭載モデルを選択可能
・ミニタワー型筐体を採用
・シルバーを基調としたモダンなデザイン
・高速アクセス可能なSSD搭載モデルを選択可能
・高性能グラフィック搭載モデルを選択可能


ここでは、Pavilion Desktop 595の特徴、性能について詳しく解説します。
目次
1)シルバーを基調とした落ち着いたデザイン

Pavilion Desktop 595の前面部はシルバーを基調としたモダンなデザインを採用。

側面部のブラックとのコントラストがすごく綺麗です。

表面にはヘアライン加工が施されており、光の当たり方によって、ちょっと見え方が異なります。 おかげで、のっぺりとした印象がないので、野暮ったさはまったく感じません。

中央部がちょっと尖ったデザインを採用。

前面部下部は三角形を切り取ったような形状をしており、デザイン上のアクセントになっています。
2)スペックをチェック
Pavilion Desktop 595の主なスペックは次のとおり。下位モデルのPavilion 590と595のスペックを比較してみました。
機種
Pavilion 590
Pavilion 595
モデル
エントリーモデル
(590-p0030jp)
スタンダードモデル
(590-p0050jp)
スタンダードプラスモデル
(595-p0000jp)
パフォーマンスモデル
(595-p0000jp)
CPU
インテル Core i3-8100 プロセッサー (3.60GHz, インテルスマートキャッシュ6MB, 4コア / 4スレッド)
インテルCore i5+8400 プロセッサー (2.80GHz-4.00GHz, インテルスマートキャッシュ9MB, 6コア / 6スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
インテル Core i5-8400 プロセッサー (2.80GHz-4.00GHz, インテルスマートキャッシュ9MB, 6コア / 6スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
インテル Core i7-8700 プロセッサー (3.20GHz-4.60GHz, インテルRスマートキャッシュ12MB, 6コア / 12スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
メモリ 8GB (8GB×1) DDR-2400 (最大16GB) 8GB (8GB×1) DDR-2666 (最大16GB) 16GB (8GB×2) DDR-2666 (最大16GB)
ストレージ インテルOptane メモリー (16GB / NVMe M.2)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転) 256GB M.2 SSD (PCIe NVMe) + 2TB ハードドライブ (7200回転)
光学ドライブ DVDライター (ウルトラスリム)
グラフィック
インテル UHD グラフィックス 630 メインメモリと共有
AMD Radeon RX 550グラフィックス 2GB (GDDR5)
NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 4GB (GDDR5)
拡張ベイ
PCI Express x16×1スロット (空0)、 PCI Express ×1スロット (空1)、 M.2 x2スロット (空0)、ウルトラスリムベイx1 (空0)、3.5インチ / 2.5インチ兼用×1 (空0)
端子類 USB3.1 Gen 1 × 2 (電源オフUSBチャージ機能対応)、USB3.1 Gen1 Type-C × 1 (電源オフUSBチャージ機能対応) (前面)、USB3.1 Gen1 × 2、USB2.0 × 4 (背面)
Pavilion Desktop 595のスペックの特徴は次のとおり。

CPUには、インテル第8世代Core i5/7プロセッサの中から選択可能。メモリは8GB/16GB搭載モデルを選択できます。
 
インテル Core i5-8400
インテル Core i7-8700
CPUコア数
6
6
スレッド数
6
12
基本クロック
2.80GHz
3.20GHz
最大ブーストクロック
4.00GHz
4.60GHz
L2キャッシュ
9MB
12MB
各プロセッサの主な仕様は上のとおり。いずれも6コアとコア数が多いため、高いマルチタスク性能を有します。Core i7-8400ではスレッド数がCore i5-8400の倍の12あるため、より高い処理能力を発揮できます。

メモリは8GBと16GB搭載モデルを用意。一般的な使い方であれば8GBで十分だと思いますが、16GB搭載モデルはグラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1050Tiを搭載できるため、ゲームを楽しみたい/動画・画像編集を快適にこなしたい、というニーズがあるのであれば16GB搭載モデルがオススメです。

ストレージには高速アクセス可能なSSD+HDD搭載のハイブリッドモデルを選べます。SSDには、SATA接続タイプよりも高速なPCIe NVMe接続タイプを採用。速度にこだわった仕様になっています。

グラフィックスには、高性能なAMD Radeon RX 550/NVIDIA GeForce GTX 1050Ti搭載モデルを選べます。描画処理能力を必要とするタスクを行う人に最適です。

3)パフォーマンスをチェック
HP Pavilion Desktop 595のパフォーマンスをチェックしてみました。レビュー機の構成は次のとおり。
【HP Pavilion 595-p0071jpパフォーマンスモデル 】
CPU:インテルCore i7-8700(6コア/12スレッド)
メモリ:16GB
ストレージ:256GB M.2 SSD (PCIe NVMe) + 2TB ハードドライブ (7200回転)
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1050Ti

CPUの性能をチェックするCINEBENCHベンチマークのスコア。

CPU:1352cb→ほとんどのタスクを快適にこなせる性能を有しています。

負荷が軽めのゲームドラゴンクエストXのベンチマークソフトのスコア。
画質
解像度
スコア
評価
最高品質
1920×1080
21210
すごく快適
最高品質
3840×2160
8621
とても快適
解像度を高めに、画質を最高にしても、快適にゲームを楽しめます。

負荷が中程度のファイナルファンタジー14 紅蓮のリベレーターベンチマークソフトのスコア。
画質
解像度
スコア
評価
最高品質
1920×1080
7263
非常に快適
高品質
2560×1440
4443
快適
高解像度の2560×1440ドットの解像度でも、高画質で快適に楽しめるのがわかります。

画質
解像度
スコア
評価
最高品質
1920×1080
2774
やや重い
標準品質
1920×1080
3807
普通
最高品質
1280×720
3738
普通
標準品質
1280×720
5998
やや快適
負荷の高いファイナルファンタジー15ベンチマークソフトのスコア。解像度/画質ともに抑えめであれば、快適に楽しめます。

描画処理能力を測定する3DMarkベンチマークソフトのスコア。Time Spyは2496。

Fire Strikeは6692。
基本性能は高いので動作はきびきびしています。Web閲覧・動画再生・Excelの操作といった一般的な処理はもちろん、動画/画像の編集や、負荷が中程度のゲームであれば、快適にこなせると思います。
4)ミニタワーボディを採用

HP Pavilion Desktop 595はミニタワー型ボディを採用しています。B5サイズのノートと比べるとこんな感じ。

奥行きはそれほどありません。

左右の幅はなんとか片手で掴めるぐらいです。

ミニタワー型ボディ採用モデルとしてはそれほど大きくない印象を受けます。

27インチ液晶モニタ(ENVY 27s)と接続したところ。
機種
Pavilion 595
拡張ベイ
PCI Express x16×1スロット、 PCI Express ×1スロット、 M.2 x2スロット、ウルトラスリムベイx1 、3.5インチ / 2.5インチ兼用×1
ミニタワー型筐体を採用しているため、一定の拡張性を確保しています。搭載している拡張ベイは上の表のとおりです。
5)各パーツをチェック
Pavilion Desktop 595の各パーツについてチェックします。

まずは前面部。

右上に端子類が配置されています。

電源ボタン、ヘッドホン端子、SDカードリーダー、USB3.1 Gen 1 × 2 (電源オフUSBチャージ機能対応)、USB3.1 Gen1 Type-C × 1 (電源オフUSBチャージ機能対応)が利用可能です。

前面部に端子類があると、抜き差しがしやすいですね。

左上には光学ドライブが縦向きに配置されています。

搭載できるのはDVDドライブのみです。ブルーレイドライブは選択できません。

右側面部。

左側面部。

通気孔が配置されています。

背面部。

左上に端子類。オーディオ端子、USB3.1 Gen1 × 2、USB2.0 × 4、LAN端子が配置されています。

中段には拡張カード用のスペースが設けられています。この構成では、NVIDIA GeForce GTX1050Tiが搭載されており、DVI/HDMI/DisplayPortの3種類の映像出力端子が利用可能です。

下段には電源端子が配置されています。

Pavilion Desktop 595では背面部にあるネジを1つ外すだけで簡単に筐体内部にアクセスできる仕様になっています。

→参考:Pavilion Desktop 595筐体内部レビュー
6)同梱物をチェック
Pavilion Desktop 595の同梱物をチェックします。

電源ケーブル。

Pavilion Desktop 595には、ワイヤレス式のキーボードとマウスが同梱されています。付属のレシーバーを本体のUSB端子に差し込んで使うタイプです。

キーボードはコンパクトなつくりになっています。キーピッチは十分な幅を確保しています。ちょっと重めにつくられているので、操作時にずれにくいですね。傾きの調整は不可です。

マウス。

手があたる部分のカーブがなだらかで、使いやすいです。

ワイヤレスだと、置き場所を選ばない、ケーブルが邪魔にならない、というメリットがあるため、使い勝手は有線タイプよりも上だと思います。

「HPパソコンナビ」という紙のガイドブックも同梱されています。全ページカラーでイラストもふんだんに使われているので、参照しやすいと思います。
まとめ

以上、Pavilion Desktop 595について詳しく見てきました。主な特徴をまとめると次のとおり。

・第8世代インテルCore i5/i7プロセッサ搭載モデルを選択可能
・ミニタワー型筐体を採用
・シルバーを基調としたモダンなデザイン
・高速アクセス可能なSSD搭載モデルを選択可能
・高性能グラフィック搭載モデルを選択可能


ミニタワー型としてはそれほど大きくなく、デザインもシルバーを基調としており、 落ち着いた質感になっています。

性能面では第8世代インテルCoreプロセッサ搭載モデルを選択でき、メモリも大容量モデルが用意されています。高速アクセスできるPCIe NVMeタイプのSSDを搭載。さらにグラフィックスも価格と性能のバランスのとれたNVIDIA GeForce GTX 1050Tiを選べるなど、充実したスペックになっています。

Pavilionシリーズはエントリーの位置づけですが、この構成を見る限り、かなり高い性能を発揮できると思います。

一般的な用途(Web閲覧/動画再生/Excelの操作など)に加えて、動画/画像の編集も行いたい、そんなに負荷の重くないゲームも楽しみたい、という人にオススメです。
*詳しくは、Pavilion Desktop 595詳細情報 iconを参照してください(HP Webページにジャンプします)。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(12万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(12万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2019年6月30日(日)迄の期間限定です。
(更新日:2018年11月8日)
HP Directplus オンラインストア