HP Elite Dragonfly レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP Elite Dragonflyについて詳しく解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPノートブック > HP Elite Dragonflyレビュー
HP Elite Dragonflyレビュー

HP Elite Dragonflyは、13.3インチディスプレイ搭載の法人向けモバイルノートPC。最小構成で999gという圧倒的な軽さを実現しています。

HP Elite Dragonflyレビュー

HP Elite Dragonflyの主な特徴は次のとおり。

・マグネシウムボディを採用することにより、1kgを切る圧倒的な軽さを実現
・高い強度を誇る
・「ドラゴンフライブルー」と呼ばれるブルーが綺麗
・13.3インチ液晶搭載


イベントでHP Elite Dragonflyに触ることができたので、ここではHP Elite Dragonflyの特徴・スペック等について詳しく解説します。
*HP Webサイトの製品ページを確認する
HP Elite Dragonfly詳細情報 icon
目次
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。
1)1kgを切る圧倒的な軽さ

HP Elite DragonflyはCNC削り出しのマグネシウムボディを採用することにより、最小構成で999gという圧倒的な軽さを実現しています。この軽さなら、外に持ち出して、バリバリ使うことができると思います。

実際に持ってみましたが、すごく軽いです。あと高い強度を誇るマグネシウム筐体を採用しているため、堅牢性も高く、片手で持ってもボディのたわみを感じたりすることはありません。

ボディの厚みは16.1(最厚部、突起部含まず)mm。

非常にスリムなボディに仕上がっています。

これぐらい薄いと、サッと掴んで気軽に持ち歩けます。
2)綺麗なブルー

アルミ素材のボディだとシルバーのカラーリングになってしまうわけですが、HP Elite Dragonflyではマグネシウムボディを採用しており、本体色には「ドラゴンフライブルー」を採用しています。

落ち着いたブルーカラーで、光沢感があるため、光が当たったときの反射が綺麗。

底面部および

パームレスト部分も、天板部と同じ素材・カラーリングを採用しています。

上質なデザインに仕上がっていると思います。
3)2-in-1ノートPC

HP Elite Dragonflyは、ディスプレイを360度回転させることのできる2-in-1ノートPC。ノートブック/メディア/テント/タブレットの4つのモードを自在に使い分けることができます。

ノートブックモード。一般的なクラムシェル型のPCとして使うことが可能。4つのモードの中で唯一キーボードを使うことができます。

メディアモード。動画を視聴するのに最適。ディスプレイとの距離が近いので迫力ある映像を楽しめます。

テントモード。スペースがないところで使いたいときに便利なモードです。

タブレットモード。タブレットPCのように使えます。
4)スペックをチェック
HP Elite Dragonflyの主なスペックは次のとおり。

【HP Elite Dragonflyのスペック】
 
HP Elite Dragonfly Notebook PC
液晶
13.3 インチワイド(16 :9 )フルHD 液晶タッチディスプレイ(光沢、1920×1080 ドット、400cd/m² 、最大1677 万色、IPS 方式)、LED バックライト 、ambient light sensor
最大解像度
1920×1080ドット
CPU
Core i5-8265U(4コア/1.6GHz)
メモリ
オンボード8GB LPDDR3
ストレージ
128 GB M.2 SSD (SATA III )/
256 GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
グラフィックス
インテル UHD グラフィックス 620 (プロセッサー内蔵)
光学ドライブ
インターフェイス
USB3.1 ポート×1 (パワーオフUSB 充電対応)、USB Type-C ポート(Thunderbolt ) x2 、コンボステレオヘッドフォン/ マイクジャック×1 、Nano SIM カードスロット(WWAN モデルのみ)
バッテリ駆動時間
最大約16.5 時間(2セルバッテリ搭載時)/
最大約24.5時間(4セルバッテリ搭載時)
外寸(mm)
約304.3×197.5×16.1(最厚部、突起部含まず)mm
最小重量(kg)
約999g(2セルバッテリ搭載時)
約1.13kg(4セルバッテリ搭載時)
CPUは第8世代インテルCore i5プロセッサを搭載。

メモリは8GBを搭載。モバイルノートPCとして使う場合、8GBのメモリを搭載していれば十分だと思います。

ストレージは、SSDを搭載。128GBと256GBの容量を搭載したモデルを選択可能。128GBはSATA接続、256GBは、より高速なPCIe NVMe M.2接続タイプのSSDです。

ただし、128GBだと、OSやプリインストールされているアプリケーションで占有される領域が多く占めるため、大容量データを保存したい場合は外付けのストレージ/クラウドストレージを活用する必要があります。使い勝手を重視するのであれば、ある程度スペースに余裕のある256GB搭載モデルがオススメです。

グラフィックスはCPU内蔵タイプのみを選択可能。動画再生などの一般的なタスクであれば十分なレベルのパフォーマンスを確保できますが、描画処理能力を必要とするタスク(動画編集など)には不向きです。

モバイルノートPCで実行するタスク(Web閲覧/ビジネスアプリの処理/動画再生など)であれば、ストレス無く作業できるレベルのパフォーマンスを発揮できる仕様になっていると思います。
5)使い勝手をチェック
Elite Dragonflyの使い勝手をチェックします。
■バッテリ駆動時間
2セルバッテリ搭載時で最大16.5時間、4セルバッテリ搭載時で最大24.5時間という長時間駆動が可能。外出先でバッテリ切れの心配をしなくて済みます。
■WiFi6対応
HP Elite Dragonflyは、従来のIEEE 802.11a/b/g/n/ac規格に加えて、最新のWiFi6規格(IEEE 802.11 ax)に対応。対応しているルータと接続することで、より高速なネット環境を構築できます。
■4G LTEモデル登場予定
HP Elite Dragonflyでは4G LTEモデルも用意されます。対応するSIMカードを挿せば、WiFi環境がない状況でもネットに即座に接続できるため、ストレスフリーで使うことができます。nanoSIMカードスロットが搭載されます。4G LTEモデルは2019年12月下旬より販売開始予定です。
■プライバシースクリーン搭載モデル登場予定
ボタンを押すだけで、斜め方向からののぞき込みを防止できるプライバシースクリーン機能「HP Sure View 」搭載モデルが2020年1月以降販売開始予定になっています。
■指紋認証センサー搭載

キーボードの右下に指紋認証センサーを搭載。ログイン時にキーボードを使わなくても済むうえ、生体認証によりセキュリティを高めることができます。
■HPプライバシーカメラ搭載

液晶上部にWebカメラが配置されていますが、カメラの上部にあるスライダを横にずらせば、カメラを物理的に利用できなくすることができます。

カメラにシャッターを設定すると、上の写真のようにカメラ部分に覆いがかけられた状態になります。これにより、Webカメラの画像/映像の流出問題を回避できるため、プライバシー保護につながります。
■サウンドにもこだわる

デンマークのオーディオメーカーBang & Olufsenと共同開発したサウンドテクノロジーを搭載。スリム/軽量モバイルノートPCですが、サウンドにもこだわっています。

4つのスピーカーを搭載したクアッドスピーカーシステムを採用。

キーボードの左右と、

底面部の前面部寄りの左右にスピーカーが配置されています。

6)各パーツをチェック
Elite Dragonflyの各パーツをチェックします。

ディスプレイ。13.3インチの液晶パネルを搭載。最大解像度は1920×1080ドットです。

表示の綺麗なIPSパネルを採用。視野角も広く、斜め方向からでも表示に変化はほとんどありません。

光沢パネルを採用しているため、色の表現は鮮やかですが、ディスプレイの角度によっては照明などの映り込みが発生します。
輝度が400cd/m2の明るいパネルを搭載しており、明るい野外でも使いやすいと思います。
2-in-1ノートPCなので、タッチパネルを搭載。

キーボード。

キーボードのキーピッチ(キー間の距離)は約18.7×18.7mm。デスクトップのキーボードとほぼ同等の大きさを確保しています。キーストローク(キーを押し込む深さ)は約1.5-1.7mm。ノートPCとしては一般的なキーストロークです。

タッチパッドはクリックボタンが一体となったタイプを採用。

大きめなので使いやすいと思います。

右側面部。写真左から順に、USB Type-C ポート(Thunderbolt対応 ) x2 、コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック、HDMI(1.4b)映像出力端子が配置されています。

左側面部。写真左から順に、USB3.1 ポート×1 (パワーオフUSB 充電対応)、電源ボタンが配置されています。
USB端子は、従来からあるType-A端子が1つ、Type-C端子が2つの合計2つを搭載しています。

底面部。継ぎ目はなく、簡単には筐体内部にアクセスできない仕様になっています。バッテリは内蔵されています。

通気孔が配置されるのがわかります。
7)同梱物をチェック
HP Elite Dragonflyの同梱物をチェックします。

ACアダプタと電源ケーブル。

ACアダプタはコンパクトなタイプを採用。接続端子はUSB Type-Cです。

手のひらに収まる大きさです。破断しないよう、ケーブルの周囲は強化されています。
HP Elite Dragonflyのレビューまとめ

以上、HP Elite Dragonflyについて詳しく見てきました。主な特徴をまとめると次のとおり。

・マグネシウムボディを採用することにより、1kgを切る圧倒的な軽さを実現
・高い強度を誇る
・「ドラゴンフライブルー」と呼ばれるブルーが綺麗
・13.3インチ液晶搭載
・長時間駆動可能


軽量・スリムなボディ、このクラスのPCとしてはパワフルな構成、スタイリッシュなデザイン/カラー、長時間駆動可能など、外出先でも快適に使えることを想定したモバイルノートPCに仕上がっています。

普段PCを持ち歩くことが多いが、携帯性を重視しつつデザインにこだわりたい、しかもパフォーマンスには妥協したくない人にオススメです。
*詳しくはHP Elite Dragonfly詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP法人向けPC(5万円以上)が4%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP法人向けPC(5万円以上)が通常価格から4%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで4%オフをゲットする方法」を参照してください。2020年1月13日(月)迄の期間限定です。
ウィンターセール実施中! new!
HPではウィンターセールを実施中!台数限定で最大60%オフ!法人向けPCを特別価格で購入できるチャンスです。詳しくは、ウィンターセール icon(HP Webサイト)を参照してください。
icon icon

(更新日:2019年11月24日)