HP Slimline 260-p000jpレビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP Slimline 260-p000jpについて解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPデスクトップ > HP Slimline 260-p000jpレビュー
HP Slimline 260-p000jpレビュー
Slimline 260-p000jpは、HPのスリムタイプデスクトップ。筐体がスリムなため、専有面積が少なくて済みます。またインテル第6世代Core iプロセッサを搭載できるため、省スペース性と高性能を両立させることができます。

HP Slimline 260-p000jpレビュー

ボディの幅は10cmしかなく、高さも抑えめのため、場所を選ばず設置できます。

ここでは、Slimline 260-p000jpについて詳しく解説します。

(後継モデルとして第7世代インテルCoreプロセッサを搭載したSlimline 270が登場しました。詳しくは、Slimline 270詳細情報を参照してください)
目次
*HP Webサイトの製品ページを確認する
Slimeline 260-000jp詳細情報 icon
[スポンサーリンク]
1)省スペースを実現するコンパクトマシン

Slimline 260は幅が約10cmしかないスリムタイプマシンです。

こんな風に片手で掴むことが可能。

高さも抑えめ。雑誌とほぼ同じ大きさです。

24インチモニタと接続するとこんな感じ。コンパクトさがよくわかると思います。
これだけスリム/コンパクトであれば、設置場所をとらないので、省スペース性を重視する人にオススメです。
2)上質なデザイン

Slimline 260では、上質なデザインを採用。

前面部の表面には緻密なドットテクスチャが配置されており、デザイン上のアクセントになっています。また光学ドライブ、USBなどの端子類が一列に配置されており、すっきりとした印象を与えます。
3)基本スペックをチェック
Slimeline 260では、ベーシック(p010jp)/エントリー(p030jp)/スタンダード(p050jp)の3つのパッケージが用意されています。

【Slimline 260-p000jpの主なスペック】
モデル名

Slimline 260-p010jp
ベーシックモデル

Slimline 260-p030jp
エントリーモデル

Slimline 260-p050jp
スタンダードモデル

CPU インテルCeleron G3900T インテル第6世代Core i3-6100T インテル第6世代Core i5-6400T
メモリ 4GB/12GB
(2スロット)
ストレージ 500GB HDD 1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックス インテルHDグラフィックス
拡張ドライブベイ ウルトラスリムベイ×1、3.5インチ×1
無線LAN 802.11 b/g/n+Bluetooth
電源容量 180W(80PLUS BRONZE)
拡張スロット PCI Express x16×1スロット
M.2×1スロット
CPUにはローエンドのインテルCeleronに加えて第6世代Core i3/i5を選択可能。

メモリスロットは2基搭載しており、最大12GBまでカスタマイズ可能。

ストレージは、500GB/1TB HDDを選択可能。高速アクセス可能なSSDはオプションとして用意されていません。性能にこだわる人向けにSSDも選択肢として用意してもらせると良かったんですけどね。

グラフィックスには、CPU内蔵タイプのみを選択可能。高性能なカードタイプのオプションは用意されていません。

光学ドライブは、DVDスーパーマルチドライブを搭載しています。

搭載している端子類は、USB2.0×2(前面)、USB3.0×2(背面)、USB2.0×2(背面)、VGA×1、HDMI×1、メディアカードリーダー、ヘッドホン/マイクコンボ端子。

映像出力端子として、VGAとHDMIの2種類の端子を搭載しており、2画面出力に対応しています。

また標準でワイヤレスに対応しているため、ケーブルレスでネットに接続可能。

Windowsエクスペリエンスインデックスの値をチェックしてみました。

レビューしたマシンの構成とスコアは次のとおり。

■プロセッサ:インテルCore i5-6400T→7.7
■メモリ:4GB→5.9
■ストレージ:1TB HDD→5.9
■グラフィックス:インテルHDグラフィックス→4.9

Slimeline 260はエントリーマシンとして位置づけられる仕様になっています。動画/画像編集などヘビーな作業をこなすのはちょっと厳しいですが、Web閲覧/メール/ビジネスアプリ/動画再生といった一般的なタスクであれば、それほどもたつくことなく作業できると思います。

4)各パーツをチェック

前面部。右側にドットパターンがあしらわれ、左側にドライブ、端子類が直線状に配置されています。

上部にはDVDドライブ、

下部には、ヘッドホン端子、SDカードリーダー、USB 2.0×2が配置されています。

光学ドライブベイを取り出したところ。

前面部にUSB端子があると、USBデバイスの接続が楽でいいですね。

上面部。通気孔があります。

前面部の一番手前に電源ボタンが配置されています。電源をオンにすると点灯します。

右側面部。

左側面部。通気孔が配置されています。

背面部。

左上に端子類が配置されています。

搭載されているのは、VGA端子、HDMI端子、USB3.0×2、USB2.0×2、LAN端子、音声端子。

Slimeline 260では、側面部を外して筐体内部にアクセスすることが可能です。

背面部の中央右にあるネジをドライバで外せば、簡単に側面部を外せます。

写真の右上に光学ドライブとHDD。左上にマザーボード。左下に電源が配置されています。

マザーボード。中央にCPUと冷却ファン、右にメモリスロット、下に拡張スロットが配置されています。
メモリスロットは2基搭載されており、拡張スロットはPCI Express x16が配置されています。

USB接続のキーボードとマウスが同梱されています。

「HPパソコンナビ」というガイドブックも同梱されています。

全ページカラーでわかりやすいうえ、結構分厚く分量もあるので、何かと助かるかも。
5)まとめ

以上、Slimline 260の特徴について説明しました。まとめると次のとおり。

・幅10cmしかなく、省スペース性を実現したスリムタイプPC
・インテル第6世代Core i3/i5プロセッサ選択可能
・上質なデザインを採用


Slimline 260は、スリムさを重視しつつ、一定のパフォーマンスを確保しているコンパクトマシンです。
*詳しくは、Slimeline 260-p000jp詳細情報 icon(HP Webページ)を参照してください。

当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人/法人向けPC(9万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人/法人向けPC(9万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2017/10/31(火)までの期間限定です。
(更新日:2016年8月26日)
HP Directplus オンラインストア