HP Spectre x360 15 (2018年10月モデル)レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、Spectre x360 15 (2018年10月モデル)について詳しく解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPノートブック > Spectreシリーズ > HP Spectre x360 15(2018年10月モデル)レビュー
Spectre x360 15 (2018年10月モデル)レビュー
Spectre x360 15-df0000(2018年10月モデル)は、HPの最上位シリーズであるSpectreシリーズの15.6インチ液晶搭載ノート(→Spectreシリーズの一覧)。

液晶部分を360度回転させることのできる2-in-1ノートPCです。

従来モデルのSpectre 15 x360の後継モデルです。

→参考: Spectre 15 x360(旧モデル)レビュー

Spectre x360 15 レビュー

Spectre x360 15の主な特徴は次のとおり。

・2-in-1ノートPC
・15.6インチの大型液晶搭載
・スリムなデザイン
・NVIDIA GeForce GTX 1050Ti with Max-Q Design グラフィックスを搭載

Spectreシリーズの大きな特徴として、高級感溢れるスタイリッシュなデザインが挙げられますが、このSpectre x360 15でもデザインは踏襲されています。

Spectre x360 15ではグラフィックスが強化されており、コストとパフォーマンスのバランスのとれたNVIDIA GeForce GTX 1050Ti with Max-Q Designを搭載しています。

動画/画像編集などの負荷のかかる処理も快適にこなせるPCが欲しいが、デザインにもこだわりたい、またいろんなスタイルで利用したい、という人にオススメのモデルに仕上がっています。

イベントでSpectre x360 15に触ることができたので、特徴・スペック等について詳しく解説します。

*同じSpectreシリーズとして、13インチ液晶搭載のSpectre x360 13も同時に登場しました。コンパクトなボディに仕上がっています。
→参考:Spectre x360 13(2018年10月モデル)レビュー
→参考:Spectre x360 13とSpectre x360 15の比較
Spectre x360 13 15 比較
*HP Webサイトの製品ページを確認する
Spectre x360 15 icon
エレガントなデザイン

Spectre x360 15は、直線を基調としたデザインを採用。エッジの効いたボディに仕上がっており、すごく洗練された印象を与えます。

デザイン面での最大の特徴は、側面部と背面部の角の部分が斜めに切り取られている点。このおかげで、直線的なデザインがさらに強調されます。

側面部および背面部のゴールドがすごく鮮やか。光が当たったときの反射が凄く綺麗です。

カラーリングはアッシュブラックのみ。ブラックですが、ちょっと茶色っぽい感じの仕上がりです。

落ち着いたブラックに煌びやかなゴールドがアクセントとして使われています。

また液晶の外枠(ベゼル)が狭いナローベゼルを採用しており、液晶の左右の外枠が非常に狭くなっています。このおかげで、ボディをコンパクトにできるほか、画面を見ているときにベゼル(外枠)の存在が気にならず、画面への没入度を高めることができます。
旧モデルとの比較
旧モデルとSpectre x360 15(2018年10月モデル)の主なスペックを比較してみました。
機種名 Spectre 15 x360
(旧モデル)
Spectre x360 15
(2018年10月モデル)
カラーリング アッシュブラック
液晶 15.6インチ4Kパネル(3840×2160)
IPSタッチディスプレイ(282ppi)
CPU インテル Core i7-8705G
(3.10GHz-4.10GHz, キャッシュ 8MB)
インテル Core i7-8750H プロセッサー (2.20GHz-4.10GHz, インテル®スマートキャッシュ 9MB)
メモリ 16GB (8GB×2) DDR4-2400MHz (最大16GB) 16GB オンボード (2666MHz,DDR4 SDRAM)
ストレージ 512GB SSD (PCIe NVMe)/
1TB SSD (PCIe NVMe)
グラフィックス Radeon RX Vega M GL NVIDIA GeForce GTX 1050Ti with Max-Q Design グラフィックス
光学ドライブ -
端子類 HDMI 2.0 出力端子 × 1、USB3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt 3 対応、電源オフUSBチャージ機能対応 )、 ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1 HDMI 2.0 出力端子 × 1、USB3.1 Gen2 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt 3、電源オフUSBチャージ機能、Power Delivery3.0)、 ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
ネットワーク IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2 IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5
セキュリティ Windows Hello対応(顔+指紋認証)
最大バッテリ駆動時間 約11時間 約13時間45分
寸法 約 359×249×19(最薄部) - 21(最厚部)mm
重量 約2.13kg 約2.17kg
最小構成価格
(税別)
219,800円 229,800円
大きな違いは、グラフィックスが強化されている点。先代モデルはCPU内蔵タイプのグラフィックスを搭載していましたが、新モデルは高性能なNVIDIA GeForce GTX1050 Tiを搭載しています。バッテリ駆動時間も延びています。

新旧モデルの違いについては、「Spectre 15 x360(旧モデル)とSpectre x360 15(2018年10月モデル)の比較」で詳しく解説しています。
4つのスタイルで利用可能な2-in-1ノートPC
Spectre x360 15(2018年10月モデル)は、液晶を360度回転できる2-in-1ノートPCです。ニーズに合わせて多様な使い方が可能です。
状況に合わせて、ノートPC/スタンド/テント/タブレットの4つのスタイルで利用できます。

これまで2-in-1ノートとしては、13.3インチ液晶搭載クラスのコンパクトノートPCに導入されるケースが多かったのですが、Spectre x360 15では15インチという大きめの液晶を搭載しているので、画面が見やすいため、作業効率をアップできるというメリットがあります。

ノートPCスタイル。通常のノートPCとして使うことができます。キーボードが使えるので、長文を打ちたいときに利用できます。

スタンドスタイル。画面との距離が近くなるので、動画を見たいときに迫力ある映像を楽しめます。

飛行機や新幹線の車内などでじっくり動画をみたいときに便利です。

テントスタイル。設置場所が狭いときに使います。

タブレットスタイル。タブレットPCのように使えますが、約2.17kgと重量があるので片手でずっと持つのは無理でしょう。机や膝の上に置いて使うことになると思います。
スペックをパッケージ別にチェック
Spectre x360 15の主なスペックをパッケージ別にチェックしてみましょう。

機種名 15-df0009TX 15-df0010TX
カラーリング アッシュブラック
液晶 15.6インチ4Kパネル(3840×2160)
IPSタッチディスプレイ(282ppi)
CPU インテル Core i7-8750H プロセッサ
(2.20GHz-4.10GHz, インテルスマートキャッシュ 9MB)
メモリ 16GB (8GB×2) DDR4-2666MHz (最大16GB)
ストレージ 512GB SSD (PCIe NVMe) 1TB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1050Ti with MAX-Q Design グラフィックス
光学ドライブ -
端子類 HDMI 2.0 出力端子 × 1、USB3.1 Gen2 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt 3、電源オフUSBチャージ機能、Power Delivery3.0)、 ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
ネットワーク IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5
セキュリティ Windows Hello対応(顔+指紋認証)
最大バッテリ駆動時間 約13時間45分
寸法 約 359×249×19(最薄部) - 21(最厚部)mm
重量 約2.17kg
最小構成価格
(税別)
229,800円 249,800円
現在、2つのパッケージが用意されています。違いは、搭載できるSSDの容量だけです。
液晶は15.6インチ。フルHDの4倍の解像度となる4K(3840×2160ドット)パネルを搭載しているため、圧倒的な描写力を誇ります。2-in-1ノートPCなので、タッチパネルを搭載しています。

CPUには、第8世代インテル Core i7-8750Hプロセッサを搭載。
CPU

第8世代インテル Core i7-8750H

コアの数 6
スレッドの数 12
プロセッサー・ベース動作周波数 2.20GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.10GHz
キャッシュ 9MB
コアの数が6、スレッドの数が12。コア数が多いため、マルチタスクを同時実行する際でも高いパフォーマンスを発揮できます。

メモリは大容量の16GB (8GB×2) 。ストレージは高速アクセス可能なSSD (PCIe,NMVe, M.2)のみを搭載。HDD搭載モデルは用意されていません。

SSDは、512GB/1TBの容量モデルの中から選べます。大容量のSSDを選択できるので、写真や動画などの大容量データを扱う人も安心です。SATA接続タイプよりも高速なPCIe NVMeタイプのSSDを搭載しています。

光学ドライブは非搭載です。

グラフィックスは、NVIDIAのハイエンドグラフィックスシリーズGeForce GTXを搭載。コストとパフォーマンスのバランスのとれたGeForce GTX 1050Ti with MAX-Q Design グラフィックスを搭載しているので、高い描画処理能力を発揮できます。

したがって、動画/画像編集などの、高い負荷のかかる作業も快適にこなせるレベルのパフォーマンスを発揮できると思います。 USB端子は、通常のUSB3.1 Gen2が1つ (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C 3.1 Gen2(Thunderbolt 3 対応、電源オフUSBチャージ機能対応)が2つ搭載されています。

スリムタイプノートでありながら、通常のUSB端子を1つ搭載しているので、以前から使っているUSBデバイスをそのまま使用することが可能です。

バッテリ駆動時間は約13時間45分となっています。これぐらいの駆動時間を確保できるのであれば、バッテリ残量を気にするシーンは少ないと思います。

急速充電にも対応しており、30分で約50%充電することが可能。すぐに持ち出したいときに便利です。

また合計4本のアンテナ(受信 x2、送信 x2)でデータを転送するMIMO(Multiple Input Multiple Output)に対応しています。このテクノロジーにより、安定したネット接続環境を構築できます。
カメラ防止機能を利用可能
Spectre x360 15には、Webカメラを物理的に利用できなくする機能が搭載されています。

右側面部のUSB端子の左側にプライバシースイッチが配置されています。これのスイッチを使って、Webカメラを利用できるようにしたり、利用不可にしたりすることが可能。

すぐにオン/オフが切り替えられるのは便利ですね。また利用不可にした場合、物理的に使えなくなるような仕組みになっているので、ハッキングされる恐れがありません。

またセキュリティを高めるために指紋認証センサーがキーボードの右下に配置されています。顔認証機能も使えます。
スリムなボディ
Spectre x360 15は、15インチ液晶パネル搭載+高性能+2-in-1という充実した構成を実現していながら、スリムなボディになっています。

最薄部で19mm、最厚部でも21mmしかありません。

これだけスリムだと、すごくボディをつかみやすいですね。

シルエットもすごくシャープです。

重量は約2.17kg。やはり15インチ液晶搭載ノートPCだけに、そこそこ重量はあります。

ずっと持ち歩くのはきついかもしれませんが、スリムで持ちやすいので、ちょっと移動するぐらいであれば苦にならないと思います。
各パーツをチェック

液晶は15.6インチパネル。標準で4Kパネル(3840×2160)を搭載しており、圧倒的な精細感を実現しています。画面が大きいので、作業しやすいと思います。

表示の綺麗なIPSパネルを採用。光沢パネルなので色の表現が鮮やかですが、照明などの映り込みが発生しやすいので、適宜角度を調整する必要があります。

2-in-1 PCなので当然タッチパネルを搭載しています。

左が15.6インチ液晶搭載のSpectre x360 15、右が13.3インチ液晶搭載のSpectre x360 13。こうして並べて見ると、大きさの違いがよくわかります。

→参考:Spectre x360 13(2018年10月モデル)レビュー

キーボード。

個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。

テンキーを搭載しています。

キーピッチは約18.7×18.4mm。デスクトップのキーボードと同程度のキーピッチを確保しています。キーストロークは約1.55mm。ノートPCとしては標準的なストロークです。

バックライトを装備しているため、暗い環境でも作業しやすいです。

タッチパッドは、クリックボタンが一体となったタイプを採用しています。

左側面部。電源コネクター、HDMI 2.0 出力端子 × 1、ヘッドフォン出力/ マイク入力コンボポートが配置されています。

斜めにカットされた部分には電源ボタンが配置されています。

右側面部。microSDカードスロット、プライバシースイッチ、USB3.1 Gen2 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、USB Type-C 3.1 Gen2 (Thunderbolt 3、電源オフUSBチャージ機能、Power Delivery3.0)が配置されています。

斜めにカットされた部分にも、USB Type-C 3.1 Gen2 (Thunderbolt 3、電源オフUSBチャージ機能、Power Delivery3.0)が配置されています。

背面部。端子類は配置されていません。

左のヒンジに「Spectre」の文字が印字されています。

底面部。中央に通気孔が配置されています。

継ぎ目がないため、簡単には筐体内部にアクセスできない仕様になっています。バッテリは内蔵されています。

左右に通気孔が配置されているのが見えます。

底面部の前面部寄りの左右にスピーカーが配置されています。

同梱物をチェック

Spectre x360 15(2018年10月モデル)には標準でSpectreアクティブペンが同梱されています。ペンがあれば、イラストを描いたり、手書き入力したりすることが可能です。

専用スリーブケースも同梱されています。

ACアダプタもそれほど大きくありません。上の写真の上の方にACアダプタが写っています。
まとめ

Spectre x360 15レビューまとめ

以上、Spectre x360 15 の特徴について解説しました。まとめると次のとおり。

・2-in-1ノートPC
・15.6インチの大型液晶搭載
・スリムなデザイン
・NVIDIA GeForce GTX 1050Ti with MAX-Q Design グラフィックスを搭載

状況に応じて、4つのスタイル(ノート/テント/スタンド/タブレット)を使い分けることができます。

アッシュブラック&ゴールドという、大人向けの落ち着いた雰囲気のカラーリングを採用しており、高級感溢れるデザインになっています。

15.6インチの4Kパネルを搭載しているので、綺麗な大画面で効率的な作業が可能。また高性能なグラフィックスを搭載しているので、動画/画像編集などの負荷のかかる作業をストレス無く作業したいという人のニーズも満たすことができます。
*詳しくは、Spectre x360 15詳細情報 icon(HP Webページ)を参照してください。
*現在、レビューキャンペーン実施中!Spectre x360 1購入後、レビューを投稿すると先着で合計500名様にAmazonギフト券3000円分がプレゼントされます(期間:2018/11/29(木)〜2019/1/25(金) 】)。

詳しくは、Spectre x360 15icon(HP Webページ)の「ご購入/スペック/価格」欄を参照してください。
【Spectre 15 x360(旧モデル)レビュー】
Spectre x360 15(2018年10月モデル)の先代モデルSpectre 15 x360(旧モデル)についてレビューしています。詳しくは、 Spectre 15 x360(旧モデル)レビューを参照してください。

当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(12万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(12万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。
プレミアム・クリスマスセール! new!
プレミアム・クリスマスセール実施中!人気のハイエンドPCをお得に購入できます。

*詳細については、プレミアム・クリスマスセール詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。
icon icon

(更新日:2018年12月11日)
HP Directplus オンラインストア