HP Pavilion 590 レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP Pavilion 590を解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HP Pavilion 590レビュー
HP Pavilion 590はミニタワー型筐体を採用したデスクトップ(HPミニタワーデスクトップの一覧)。

HP Pavilion 590レビュー

主な特徴は次のとおり。

・第8世代インテルCore i3/i5プロセッサ搭載モデルを選択可能
・一般的な作業であれば快適にこなせる性能を発揮できる
・ミニタワー型筐体を採用
・モダンなデザイン

ここでは、Pavilion 590の特徴、性能について詳しく解説します。

目次
[スポンサーリンク]
1)モダンなデザイン

Pavilion 590では、ボディの前面部にシルバー基調のモダンなデザインを採用。

細かい模様が入っており、お洒落な感じに仕上がっています。従来のデスクトップPCとは大きく異なるデザインです。hpロゴマークの周りのシルバーが反射してとても綺麗。とてもエントリータイプのデスクトプには見えません。ちょっと高級な感じがしますね。

側面部の黒とのコントラストがすごくいい感じです。

光の当たる角度に応じて、印象が変わってきます。

ちょっとゴージャスな感じに仕上がっていますね。これなら、デザインにこだわる人でも満足できるレベルじゃないでしょうか。を使用しており、高級感があります。

2)スペックをチェック
Pavilion 590の主なスペックは次のとおり。Pavilion 590と上位モデルのPavilion 595のスペックを比較してみました。

→参考:Pavilion 595詳細情報
機種
Pavilion 590
Pavilion 595
モデル
エントリーモデル
(590-p0030jp)
スタンダードモデル
(590-p0050jp)
スタンダードプラスモデル
(595-p0000jp)
パフォーマンスモデル
(595-p0000jp)
CPU
インテル Core i3-8100 プロセッサー (3.60GHz, インテルスマートキャッシュ6MB, 4コア / 4スレッド)
インテルCore i5+8400 プロセッサー (2.80GHz-4.00GHz, インテルスマートキャッシュ9MB, 6コア / 6スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
インテル Core i5-8400 プロセッサー (2.80GHz-4.00GHz, インテルスマートキャッシュ9MB, 6コア / 6スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
インテル Core i7-8700 プロセッサー (3.20GHz-4.60GHz, インテルRスマートキャッシュ12MB, 6コア / 12スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
メモリ 8GB (8GB×1) DDR-2400 (最大16GB) 8GB (8GB×1) DDR-2666 (最大16GB) 16GB (8GB×2) DDR-2666 (最大16GB)
ストレージ インテルOptane メモリー (16GB / NVMe M.2)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転) 256GB M.2 SSD (PCIe NVMe) + 2TB ハードドライブ (7200回転)
光学ドライブ DVDライター (ウルトラスリム)
グラフィック
インテル UHD グラフィックス 630 メインメモリと共有
AMD Radeon RX 550グラフィックス 2GB (GDDR5)
NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 4GB (GDDR5)
映像出力端子 VGA×1
HDMI×1
デュアルリンク DVI-D×1
HDMI×1
DisplayPort×1
拡張ベイ
PCI Express x16×1スロット、 PCI Express ×1スロット、 M.2 x2スロット、ウルトラスリムベイx1 、3.5インチ / 2.5インチ兼用×1
端子類 USB3.1 Gen 1 × 2 (電源オフUSBチャージ機能対応)、USB3.1 Gen1 Type-C × 1 (電源オフUSBチャージ機能対応) (前面)、USB3.1 Gen1 × 2、USB2.0 × 4 (背面)、メディアカードリーダー×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
電源 内蔵310W、80PLUS GOLD 相当
Pavilion 590のスペックは次のとおり。

CPUには、インテル第8世代Core i3/5プロセッサの中から選択可能。

メモリは8GBを搭載。エントリーに位置づけられるPavilion 590の場合、3Dゲームや動画/画像編集などのヘビーな作業は想定されていないので、8GBも積んでいれば十分でしょう。

ストレージにはHDD搭載モデルを選択できます。インテル Optane メモリ(16GB / NVMe M.2)が搭載されているので、HDDのみの場合と比べて、より高速にデータにアクセスできます。価格を抑えつつ、処理の高速化を図ることができます。

グラフィックスには、CPU内蔵タイプのみを選択可能。

したがって、Pavilion 590は、比較的負荷のかからないタスク(Web閲覧/ビジネスアプリの操作/動画再生)をメインで行う人向けの構成になっていると言えます。

3)パフォーマンスをチェック
HP Pavilion 590のパフォーマンスをチェックしてみました。レビュー機の構成は次のとおり。
【HP Pavilion 590-p0050jpスタンダードモデル 】
CPU:インテルCore i5-8400(6コア/6スレッド)
メモリ:8GB
ストレージ:インテルOptane メモリー (16GB / NVMe M.2)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
グラフィックス:インテル UHD グラフィックス 630

CPUの性能をチェックするCINEBENCHベンチマークのスコア。

CPU:915cb→すごく負荷のかかる作業でなければ、快適にこなせる性能を有しています。

負荷が軽めのゲームドラゴンクエストXのベンチマークソフトのスコア。
画質
解像度
スコア
評価
標準品質
1920×1080
4682
普通
最高品質
1280×720
8233
とても快適
 
解像度を抑えめにすれば、快適にゲームを楽しめます。

負荷が中程度のファイナルファンタジー14 紅蓮のリベレーターベンチマークソフトのスコア。
画質
解像度
スコア
評価
標準品質
(デスクトップPC)
1920×1080
1864
設定変更を推奨
高品質
1280×720
2022
普通
標準品質
(デスクトップPC)
1280×720
3483
やや快適
 
1920×1080ドットの解像度での操作はちょっと厳しいですが、解像度を1280×720に抑えて、標準品質で実行するのであれば、十分楽しめる性能を発揮できるのがわかります。

グラフィックスがCPU内蔵タイプでゲームを想定したつくりになっていないので、ゲームのベンチマークソフトのスコアは厳しめですが、それでも、負荷が軽めのゲームであれば十分楽しめるし、負荷がちょっとかかるゲームでも、解像度/品質を抑えれば、そこそこのレベルで楽しめると思います。
静かな環境でHDDのカリカリ音が少しします。 ただし、ベンチマーク実行時もファンの回転が上がって風切り音が うるさく感じることはありませんでした。

動作はきびきびしています。Web閲覧・動画再生・エクセルなどのオフィスソフトの操作といった一般的なタスクであればストレスなくこなせると思います
4)ミニタワー筐体を採用

Pavilion 590はミニタワー型筐体を採用。B5サイズのノートと比べてみました。いわゆる通常のミニタワーボディに比べると、若干コンパクトなつくりになっています。

幅はなんとか片手で掴める大きさ。

奥行きもそんなにはありません。

これなら、通常の大きさのデスクトップPCと比べて、置き場所に困る場面も少ないと思います。

24インチ液晶モニタと接続したところ。
機種
Pavilion 590
拡張ベイ
PCI Express x16×1スロット、 PCI Express ×1スロット、 M.2 x2スロット、ウルトラスリムベイx1 、3.5インチ / 2.5インチ兼用×1
ミニタワー型筐体を採用しているため、一定の拡張性を確保しています。搭載している拡張ベイは上のとおりです。
5)2画面出力対応

Pavilion 590には、映像出力端子として背面部にVGA×1、HDMI×1の合計2つが搭載されています。

両方の端子に接続することで、2画面出力することが可能。広い表示領域を確保できるため、作業効率をアップさせることができます(上の画像では、24fモニタ27fモニタに接続しています)。
6)各パーツをチェック
Pavilion 590の各パーツをチェックします。

前面部。

左上に光学ドライブが配置されています。搭載できるのはDVDドライブのみ。ブルーレイドライブは選択できません。

光学ドライブを引き出したところ。

右上に端子類が配置されています。

上から順番に、電源ボタン、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、メディアカードリーダー×1、USB3.1 Gen 1 × 2 (電源オフUSBチャージ機能対応)、USB3.1 Gen1 Type-C × 1 (電源オフUSBチャージ機能対応)が配置されています。

前面にUSBポートがあると接続しやすくて便利です。

右側面部。

左側面部。通気孔が配置されています。

上面部。

背面部。

上段の左上に端子類が配置されています。

HDMIとVGAの映像出力端子、USB3.1 Gen1 × 2、USB2.0 × 4、LANポートが配置されています。

中段に拡張カード用のスペース、

下段に電源端子が配置されています。

Pavilion 590では、背面部のネジを1つドライバで外すだけで、簡単に側面部を外して筐体内部にアクセスできます。

→参考:Pavilion 590筐体内部レビュー
7)同梱物をチェック
Pavilion 590の同梱物をチェックしてみましょう。

電源ケーブル。

同梱されるキーボードとマウス。どちらもワイヤレスなので配線が邪魔にならないうえ、好きな場所に置くことができます。レシーバーを本体のUSB端子に接続して利用します。

キーボードはコンパクトなつくりですが、結構重いので押しても簡単にずれたりしない仕様になっています。

キーストロークはちょっと浅めですが、個人的にはしっかり反発もあり、打ちやすいと思います。
マウス。

平べったい形状をしており、曲線もなだらかで持ちやすいですね。縦長なので手の平部分をマウスに載っけられるため、手への負担を軽減できます。

「HPパソコンナビ」というガイドブックも同梱されています。全ページカラーで、イラストも豊富に使われているので、参照しやすいと思います。
まとめ

以上、Pavilion 590について詳しく見てきました。主な特徴は次のとおり。

・第8世代インテルCore i3/i5プロセッサ搭載モデルを選択可能
・一般的な作業であれば快適にこなせる性能を発揮できる
・ミニタワー型筐体を採用
・モダンなデザイン

Pavilion 590はエントリー向けの構成になっています。デザインがいいので置き場所に困ることはないと思います。
*詳しくは、Pavilion 590詳細情報 iconを参照してください(HP Webページにジャンプします)。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(12万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(12万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。
ハッピークリスマスキャンペーン! new!
ハッピークリスマスキャンペーン実施中!最大40%オフと超お得です。

*詳細については、ハッピークリスマスキャンペーン詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。
icon icon
(更新日:2018年11月8日)
HP Directplus オンラインストア