HP Spectre x360(2017年11月モデル)レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、Spectre x360(2017年11月モデル)について詳しく解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPノートブック > Spectreシリーズ > HP Spectre x360 (2017年11月モデル)レビュー
Spectre x360(2017年11月モデル)レビュー
Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)は13.3インチ液晶搭載ノート。液晶部分を360度回転させることのできる2-in-1ノートで、同じコンセプトのSpectre x360 13-ac000の後継モデルです(→Spectre X360 x360 13-ac000のレビューはこちら)。

Spectre x360-13ae000(2017年11月モデル)レビュー

いずれも、スタイリッシュなデザインとスリムなボディが大きな特徴ですが、Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)は、

・第8世代インテルCoreプロセッサを搭載している
・バッテリ駆動時間が長くなっている
・重量が軽くなっている


という特徴が挙げられます。

ここでは、Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)の特徴・スペック等について解説します。
目次
*HP Webサイトの製品ページを確認する
Spectre x360(2017年11月モデル) icon
1)2017年11月モデルと先代モデルの比較
Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)とSpectre x360 13-ac000の主なスペックを比較してみました。
機種名 Spectre x360
Spectre x360 13-ac000
Spectre x360
13-ae000
(2017年11月モデル)
カラーリング アッシュブラック/ナチュラルシルバー
液晶 13.3インチ・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080)/
13.3インチ・4K・IPSタッチディスプレイ (3840×2160)
13.3インチ・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080)
プライバシーモード機能オプション/
13.3インチ・4K・IPSタッチディスプレイ (3840×2160)
CPU インテル Core i5-7200U/
インテル Core i7-7500U
インテル Core i5-8250U/
インテル Core i7-8550U
メモリ 8GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM) /
16GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2)/
512GB SSD (PCIe NVMe M.2)/
1TB SSD (PCIe NVMe M.2)
光学ドライブ -
グラフィックス インテル HDグラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵) インテル UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
端子類 USB3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt 3 対応、電源オフUSBチャージ機能対応 )、 ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1 USB3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt 3 対応、電源オフUSBチャージ機能対応 )、 ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
microSDカードスロット
バッテリ駆動時間 約15時間(フルHDパネル搭載モデル)/
約9時間(4Kパネル搭載モデル)
約16時間45分(フルHDパネル搭載モデル)/
約10時間(4Kパネル搭載モデル)
指紋認証 なし あり
寸法 約 307×219×13.9(最薄部)-14.9(最厚部)mm 約 307×219×13.6(最薄部) - 15.5(最厚部)mm
重量 約1.31kg 約1.29kg
最小構成価格
(税別)
119,800円 139,800円
大きな違いは、Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)は第8世代インテルCoreプロセッサを搭載できる点。

icon icon

第7世代に比べてパフォーマンスがアップしているため、より高い処理能力を発揮できる仕様になっています。

さらにmicroSDカードスロットを搭載。

バッテリ駆動時間も延長されているため、使い勝手が向上しています。

またボディサイズも変更されており、わずかながらボディも軽量化されています。

あと、プライバシーモード搭載スクリーン(内蔵型覗き見防止スクリーン(HP Sure View))を選択できるモデルが用意されています。このスクリーンを利用すれば、斜め方向からは画面が見づらくなり、覗き見を防止できます。
2)4つのスタイルで使用可能

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) 液晶 360度回転

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)は液晶部分を360度回転させることが可能。したがって、ノートブックモード/スタンドモード/テントモード/タブレットモードの4つのモードで利用することができ、状況/ニーズに合わせて使い分けることができます。

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) ノートブックモード

ノートブックモード。一般的なノートPCとして使えるため、長文を打ちたいときに便利です。

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) スタンドモード

スタンドモード。このモードにするとキーボード面が下になりますが、この状態ではキーボードは無効になるので誤動作することはありません。

タッチ操作のときに便利

タッチ操作で動画を見たいときに便利です。角度を自在に調整することが可能。

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) テントモード

テントモード。設置場所が狭いときに威力を発揮します。

しっかりと固定

横からみたところ。しっかり固定されているので、テントモードで使用しているときに、ずれてしまうということはないと思います。

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) タブレットモード

タブレットモード。指で直感的に使用したい時に利用します。

タブレット 縦表示

もちろん縦表示も可能。

液晶反転

液晶を反転させるタイプの2-in-1ノートの場合、液晶を360度回転させると、ボディが反ってしまうことがありますが、このSpectre X360(2017年11月モデル)では、反りはそれほど気になりません。

Spectre x360 片手で持つのは厳しい

ただし、重量が約1.29kgあるので片手でずっと持っているのは厳しいです。なので、タブレットモードで使用するときは、机の上や膝の上などに置いて使用することになると思います。

3)洗練されたデザイン

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) アルミ削り出しボディ

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)はアルミ削り出しのボディを採用。

CNC精密加工

時間のかかるCNC精密加工を採用することで、非常にスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

高い質感を実現

高い質感を実現しているのがわかります。

落ち着いたデザイン

天板部分のデザインも落ち着いた感じになっています。

ヒンジ部分がアクセント

ヒンジ部分のアクセントが見事です。

丸みを帯びた形状

縁の部分は丸みを帯びた形状になっており、柔らかな印象を与えます。

高級感がある

高級感がありますね。

側面部の仕上がりが綺麗

側面部の仕上がりも見事。

高い質感を実現

光が当たったときの反射がすごく綺麗です。

一体感のあるデザイン

キーボード周辺部も天板部分と同じカラーリングを採用しており、まとまりがあります。一体感があっていい感じです。

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) ベゼル 極薄

液晶の左右のベゼルは極薄です。

ナローベゼル

このナローベゼルのおかげで、ボディがコンパクト化されたほか、画面への没入感が高まります。

フレームが非常に薄い

指と比べるとこのとおり。その薄さがよくわかります。

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)の Webカメラは液晶上部に配置

左右のベゼルは薄くなっていますが、上部は厚めになっており、ここにWebカメラが配置されています。

他社のナローベゼルモデルの場合、カメラが液晶の下部に配置されているものがありますが、これだと下から見上げる形になるため、カメラ映りを気にする人からは不評だったのこと。細かいところまで配慮されているんですね。
4)3色のカラーリングを用意

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) 3つのカラーリング

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)には、アッシュブラック/ナチュラルシルバーの2色のカラーリングに加えて、冬限定モデルのローズゴールドの計3色のカラーリングが用意されています。イベントで3つのカラーリングモデルすべてに触れることができました。

アッシュブラック

アッシュブラックは高級感のあるデザイン。

ゴージャスな雰囲気

側面部やヒンジにはゴールドが印象的に使われており、ゴージャスな雰囲気を高めてくれます。

側面部はゴールド

ナチュラルシルバー

ナチュラルシルバーはシンプルながらも気品を感じさせます。

シンプルなデザイン

側面部、ヒンジもシルバーとなっており統一感がありますね。

ヒンジ部分がアクセントになっている

ヒンジ部分がデザイン上のアクセントになっています。

ローズゴールド

限定色のローズゴールドは女性に受けそうなカラーリングです。

英語キーボード搭載モデル

なおローズゴールドモデルは、限定モデルのため、英語キーボードしか選択できません。
5)2-in-1ノートとしてはスリム/軽量

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) スリム

2-in-1ノートは重くてかさばるというイメージがありますが、Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)は非常にスリム・軽量なボディになっています。

指と比較

薄さは13.6-15.5mm

薄さは、13.6(最薄部)-15.5(最厚部)mm。

非常にスリムで掴みやすい

非常にスリムです。

シャープなデザイン

横から見ると、非常にシャープなデザインになっているのがわかります。前の方が薄く、後ろの方が厚めです。

重量

重量は最小構成で約1.29kg。

持ち運びしやすい重さ

ちょっと持ち歩くぐらいなら苦にならない重さです。

液晶を開いたところ

液晶を開いたところ。本体部分の薄さが際立ちます。

薄いボディ

こうして液晶を開くと、本体部分の薄さが際立ちます。

高い堅牢性を確保

非常に軽量/スリムなボディですが、堅牢性は高く、片手で持っても、ボディの剛性に不安を感じることはありません。がっしりしています。

鞄からスムーズに出し入れできる

スリムなので鞄からの出し入れもスムーズに行えます。

鞄の中

鞄の中での収まりも最高です。

ディパック

ディパックからも出し入れしやすいですね。

雑誌と比較

雑誌と比較するとこんな感じです。

脇に抱えて持ってみた

脇に抱えて持ってみたところ。

手に触れる部分の表面には、梨地処理が施されています。そのため、持ったとき手にしっとりと馴染むので、非常に持ち運びしやすいです。

コンパクトボディ

こうして持ってみるとコンパクトなボディになっているのがわかります。
6)優れた基本性能
Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)の主なスペックをチェックしてみましょう。

機種名 ベーシック スタンダード プロフェッショナル パフォーマンス
カラーリング アッシュブラック/ナチュラルシルバー アッシュブラック
液晶 13.3インチ・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080)
プライバシーモード機能オプション
(プライバシーモード機能オプションは、アッシュブラックカラーのみ選択可能)
13.3インチ・4K・IPSタッチディスプレイ (3840×2160)
CPU インテル Core i5-8250U インテル Core i7-8550U
メモリ 8GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM) 16GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2) 512GB SSD (PCIe NVMe M.2) 1TB SSD (PCIe NVMe M.2)
光学ドライブ -
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
端子類 USB3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt 3 対応、電源オフUSBチャージ機能対応 )、 ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
ペン なし 同梱
バッテリ駆動時間 約 16 時間45分 約10時間
寸法 約 307×219×13.6(最薄部) - 15.5(最厚部)mm
重量 約1.29kg
最小構成価格
(税別)
139,800円 159,800円 177,800円 189,800円
現在、ベーシック/スタンダード/プロフェッショナル/パフォーマンスの4つのパッケージが用意されています。
CPUには、最新の第8世代インテルCore i5-8250U/i7-8550Uプロセッサを選択できます。それぞれの詳細なスペックは次のとおり。
CPU 第7世代インテル Core i5-7200U
(参考)
第8世代インテル Core i5-8250U 第8世代インテル Core i7-8550U 第7世代インテル Core i7-7550U
(参考)
コアの数 2 4 4 2
スレッドの数 4 8 8 4
プロセッサー・ベース動作周波数 2.50GHz 1.60GHz 1.80GHz 2.70GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.10GHz 3.40GHz 4.00GHz 3.50GHz
キャッシュ 3MB 6MB 8MB 4MB
いすれのプロセッサもコアは4つを搭載。1つ前の世代(第7世代)のCoreプロセッサでは2つのコアしか搭載していなかったため、コアの数が倍になっています。

基本的には、コアの数が多ければ多いほど、同時に処理できる処理数が増えるため、マルチタスクの処理性能の向上が見込めます。

メモリは8/16GB、ストレージは高速アクセス可能な256/512GB SSD (PCIe,NMVe, M.2)という構成になっています。

SSDは、256GB/512GB/1TBの容量モデルの中から選べます。大容量のSSDを選択できるのはいいですね。 写真や動画などの大容量データを扱う人も安心です。

光学ドライブは非搭載です。

コンパクトな13インチノートとしては十分なレベルのパフォーマンスを発揮できると思います。

グラフィックスはCPU内蔵タイプのインテルUHDグラフィックスですが、このクラスのノートで処理する一般的なタスク(Web閲覧/メール/SNS/ビジネスアプリ操作/動画再生など)であれば、ストレスなく処理できるレベルのパフォーマンスを確保できると思います。

USB端子は、通常のUSB3.1 Gen1が1つ (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C 3.1 Gen2(Thunderbolt 3 対応)が2つ搭載されています。

スリムタイプノートでありながら、通常のUSB端子を搭載しているので、以前から使っているUSBデバイスをそのまま使用することができます。

USB Type-C端子は2つとも「電源オフUSBチャージ / データ転送 / PC本体の充電 / 映像出力」の4つ働きをサポートしています。USB Type-C端子は前後の向きがないので接続しやすいです。

バッテリ駆動時間は約16時間45分(フルHDパネル搭載モデル)/約10時間(4Kパネル搭載モデル)となっています。

急速充電にも対応しており、30分で約50%充電することが可能。時間がないとき、すぐに移動したいときに便利です。

また合計4本のアンテナ(受信 x2、送信 x2)でデータを転送するMIMO(Multiple Input Multiple Output)に対応しています。このテクノロジーにより、安定した状態でネットに接続できます。

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) インテルCore i5-8250U

Spectre 13 x360(2017年11月モデル)のパフォーマンスをチェックしてみました。

レビュー機のスペックは次のとおり

Spectre 13 x360(ベーシック)
CPU:インテル Core i5-8250U(1.60GHz-3.40GHz, キャッシュ 6MB)
メモリ:8GB
ストレージ:256GB SSD (PCIe,NMVe, M.2)
グラフィック:インテルUHDグラフィックス 620

Windowsエクスペリエンスインデックス

Windowsエクスペリエンスインデックスのスコア。

CPU:8.2
メモリ:8.2
ストレージ:8.85
グラフィック:7.4

CINEBENCH

描画処理能力とCPU性能をチェックするCINEBENCHのスコア。

OpenGL(描画処理能力):44.29fps
CPU:526cb

CrystalDiskMark

ストレージ性能をチェックするCrystalDiskMarkのスコア。NVMe SSDを搭載しているだけあって高いスコアを記録しています。

ドラゴンクエストベンチマーク

ドラゴンクエストベンチマークの結果。1280×720ドット/最高品質では「とても快適」という評価です。。

ドラゴンクエスト

1920×1080ドット/標準品質では「普通」。

比較的ライトなゲームの場合、解像度を抑えめにすれば、十分に楽しめると思います。
7)覗き見防止フィルターを内蔵
Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)には、HP Sure Viewという覗き見防止フィルター内蔵モデルを選択することができます。

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) 覗き見防止フィルター

使い方は簡単。F1キーを押すだけです。

フィルターオフ

こちらはフィルターをオフにした状態。

フィルター オン

こちらはフィルターをオンにした状態。画面の左右がちょっとグレーっぽい表示になりますが、真正面から見えている分にはそれほど気にはなりません。

表示を確認できない

フィルターをオンにした状態で斜め方向から見るとこのとおり。これだと、ぱっと見た限りでは、何が表示されているのかわかりにくいですね。かなり覗き見を防げると思います。

フィルターをオフにした状態

フィルターオフにした状態。比べるとわかりやすいと思います。

カフェや電車・飛行機の中で作業する際、他の人の視線が気になることがありますよね。そうしたときボタン1つで覗き見防止フィルターを使えるのは非常に便利だと思います。

なお、覗き見防止フィルターオプションは、アッシュブラックカラーのみ選択可能です。
8)優れたサウンド性能

BANG&OLUFSEN スピーカー

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)では、老舗オーディオメーカーのBang & Olufsenとサウンドテクノロジーを共同開発することにより、サウンドにこだわったつくりになっています。

キーボード上部にスピーカー

スピーカーはキーボードの上部に2つ、

底面部にスピーカー

底面部の左右に2つの合計4つを搭載したクアッドスピーカー仕様になっています。

Spectre x360は非常にスリム/コンパクトなボディなのにクアッドスピーカーを搭載しているのは、HPのサウンドへの並々ならぬこだわりを感じずにはいられません。

スピーカー

したがって、音楽を聴いてみると、前方からとした方からの2方向から音が奏でられるため、広がりのあるサウンドを楽しめます。包み込まれるような感じです。

サブウーファの設定はないので低音の響きはそれほど感じられないものの、中高音に関してはクリアで伸びのある臨場感溢れるサウンドが奏でられました。

BANG&OLUFSENアプリ

同梱されているアプリを使えば、サウンドをカスタマイズすることが可能です。
スリムノートとしては十分なレベルのサウンドを楽しむことができると思います。
9)各パーツをチェック

液晶パネル

Spectre x360では液晶に13.3インチパネルを搭載。ディスプレイ面全体をガラスで覆うことで、フラットな仕上がりになっており、洗練された印象を与えます。

2-in-1ノートなのでもちろんタッチパネルを採用しています。IPSパネルを採用しているため、表示は非常に綺麗です。

最大解像度がフルHD(1920×1080ドット)のパネル/4K(3840×2160ドット)のパネルを搭載したモデルを選べます。4Kモデルでは、フルHDの4倍の解像度を実現。滑らかで臨場感のある描写を実現します。

レビュー機はフルHD(1920×1080ドット)パネル搭載モデルです。

液晶表示は綺麗

液晶表示はすごく鮮明で綺麗。黒もしっかり表現できます。

動画綺麗

映像を視聴してみても、臨場感が半端ないので、すごくのめり込んで見ることができます。色の表現も鮮やかなので、これは見ていて楽しいですね。

視野角広い

視野角の広いIPSパネルを採用しているため、かなり斜め方向からでしっかりと表示を確認できます。

ただし映り込みが発生しやすいので、適宜角度を調整する必要があります。

キーボード

キーボード。日本語キーボードを搭載してますが、前述したようにローズゴールドモデルのみは英語キーボードを搭載しています。

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) キーボード

Enterキーの右に一列キー配置

Enterキーの右に一列キーが配置されているのがわかります。慣れるまでは打ち間違えが発生しやすいかもしれません。

キーの表面はつるつるしていない

キー表面はそれほどつるつるしておらず、滑りにくい仕様になっているので、打ちやすいです。

キーストロークは浅め

スリムノートなのでキーストロークは浅め。

キーピッチ

キーピッチは約19mmを確保しています。

キー操作は快適

実際にキー入力していて窮屈な感じはしないですね。

あとボディの堅牢性が高いため、キーボードを強く押してもそれほどたわまみません。快適なタイピングが可能です。

キーボードにバックライト装備

キーボードにはバックライトが装備されています。F5キーを押すことでオン/オフの切替が可能。明るさの調整はできません。

バックライト

キーボードにバックライトが付いていると、飛行機の中など暗い環境でも快適にタイピング作業を行うことができます。

タッチパッド

タッチパッドは横長で広く取られています。クリックボタンが一体となったタイプを採用しています。

タッチパッドの反応は良好

タッチパネル/クリックボタン部分とも反応は良好で、使用時にストレスが溜まることがありません。

パームレスト

パームレストの表面はさらさらしており、タイピング時に手の平を乗せておいても、べとついたりしにくくなっています。

左側面部

左側面部。

USB端子

USB3.1端子、ヘッドホン/マイクコンボ端子、電源ボタン、

カードスロット

microSDカードスロットが配置されています。標準サイズのSDカードは使えないので注意が必要です。

右側面部

右側面部。

USB Type-C

USB Type-C 3.1 Thunderbolt 3 ×2、指紋認証リーダー、音量調整ボタンが配置されています。

指紋認証リーダーを使えば、パスワードを入力しなくても、安全にログインできます。

なおSpectre X360(2017年11月モデル)にはIR(赤外線)カメラが搭載されているため、顔認証でログインすることも可能です。

前面部

前面部。液晶を開くときに指を引っかけるための窪みが設けられています。

背面部

背面部。ヒンジのみが配置されています。

底面部

底面部。通気孔のみが配置されています。継ぎ目のない仕様になっており、簡単にはボディ内部にアクセスすることはできません。

パソコン本体の分解は推奨されておらず、ユーザー自身でメモリ増設などのハードウエア改変を行った場合には保証適用外となるので注意が必要です。
10)同梱物をチェック
Spectre X360(2017年11月モデル)の同梱物をチェックします。

同梱物

ACアダプタと電源ケーブル。

ACアダプタ コンパクト

ACアダプタは、一部分が欠けた形状になっており、ここに電源ケーブル/プラグを接続する仕組みになっています。手の平ぐらいの大きさです。

厚みはない

それほど厚みはありません。

電源ケーブル

電源ケーブル。

ACアダプタ 重量

電源ケーブルとACアダプタを合わせた重量は約351g。

コンセントのみのパーツ

コンセントのみのパーツも用意されています。コンセント部分は収納可能なので携帯しやすいです。持ち歩く際にはこちらの方が軽くなるので便利ですね。

ACアダプタとコンセント

コンセントのみのパーツを接続したところ。ぴったり四角形になります。

ACアダプタ コンセント 重量

重量は257g。電源ケーブルを使ったときと比べて、約94g軽量化することができます。

カフェなどですぐ近くにコンセントがあるときはコンセントのみのパーツをを、少し離れたところにあるコンセントを使う場合には電源ケーブルを、というような使い分けも可能です。

電源ケーブル 接続

電源ケーブルの接続端子にはUSB Type-Cを採用。上下の向きがないため、接続する際にいちいち向きを確認する必要がないので便利です。

どちらに接続してもOK

Spectre X360(2017年11月モデル)には、右側面部にUSB Type-Cを2つ搭載していますが、いずれの端子に接続しても充電可能です。

電源ケーブル接続時はスペースが必要

充電する際には、右側面部に多少のスペースが必要となります。

HPパソコンナビ

「HPパソコンナビ」というガイドブックが同梱されており、操作方法がわからないときは参照することができます。

最近はこうした紙のガイドブックを同梱しないモデルが増えているので、こうした配慮はうれしいですね。全編カラーで、イラストがふんだんに使われているのでわかりやすいです。

専用スリーブケース

専用スリーブケースも同梱されています。

質感がいい

表面の質感も良く、触り心地もいい感じです。

ピッタリ収納できる

ぴったり収納できます。

Spectre X360(2017年11月モデル)は外に持ち出して利用する機会が多いと思うので、最初からケースが同梱されているのはうれしい心配りだと思います。
まとめ

Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル) レビューまとめ

以上、Spectre x360(2017年11月モデル)の特徴について解説しました。まとめると次のとおり。

・第8世代インテルCoreプロセッサ搭載
・4つのスタイル(ノート/テント/スタンド/タブレット)で使用可能
・高い質感を実現した洗練されたデザイン
・スリム/軽量
・優れた基本性能
・プライバシーモード搭載モデルを選択可能
・長時間駆動可能
・急速充電対応


最近のスリムタイプノートは、アルミ/マグネシウム合金を使用することでスタイリッシュさを際立たせていますが、どれも似たりよったりのデザインになりがちです。

その点、このSpectre x360(2017年11月モデルはアッシュブラック&ゴールドという、他にはないデザインを備えており、大人向けの落ち着いた雰囲気を醸し出しています。アクセントとして使われているゴールドもすごく印象的です。

高級感を犠牲にすることなく、他の人とは異なるカラーのノートがいい、という人に受け入れられやすいでしょうね。デザインに関する満足度は高いと思います。

また、4つのスタイル(ノート/テント/スタンド/タブレット)に自在に変化して使えるほか、第8世代インテルCoreプロセッサを搭載し、高い性能を発揮できます。しかも非常にスリム/コンパクトです。

このSpectre x360(2017年11月モデル)、基本性能も高い、さらにスリムで多様な使い方が可能、ということで非常に完成度の高い2-in-1ノートに仕上がっていると思います。ニーズに合わせていろんな使い方をしたいが、デザイン/性能面で妥協したくない、さらに携帯しやすいノートがいい、という人にオススメです。
*詳しくは、Spectre x360 13-ae000(2017年11月モデル)詳細情報 icon(HP Webページ)を参照してください。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(12万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(12万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2018/8/31(金)までの期間限定です。
新製品ノートPCがいきなりキャンペーン価格! new!
発表されたばかりのノートPC新製品が早くもキャンペーン価格で提供されています!

■ENVY 13 x360(最大29,700円お得)/■ENVY 15 x360(最大18,000円お得)/■Pavilion Gaming 15(最大31,000円お得/■ENVY 12 x2(23,500円お得)/■OMEN by HP 15(最大52,900円お得)/■Spectre 15 x360(25,000円お得)

*詳細については、「製品ノートPCがいきなりキャンペーン価格」詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。
icon icon

(更新日:2018年1月24日)
HP Directplus オンラインストア