HP 27qi QHDディスプレイレビュー

HP 27qi QHDは、27インチの液晶パネルを搭載したモニタ。

HP 27qiレビュー

QHDディスプレイ(2560×1440ドット)を採用しており、精細感の高い表示が可能です。主な特徴は次のとおり。

  • 27インチのIPSパネルを搭載
  • QHDパネルを搭載
  • ベゼルが狭い
  • ブルーライトカット機能を搭載
  • 高いコスパを実現

ここでは、HP 27qiの特徴、スペック、使い勝手等について詳しくレビューしたいと思います。

ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。

当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!

*当サイト向け特別クーポンが提供されています。個人向けPCが7%オフ/法人向けPCが4%オフになるクーポンが利用可能です。

1)QHDディスプレイ搭載の27インチ液晶モニタ

HP 27qiモニタの主なスペックは次のとおり。

機種名 HP 27qi
インチ 27インチ
最大解像度 2560×1440 @ 60Hz
パネル IPS (AHVA) /
非光沢
HDCP 〇 ( HDMI / DisplayPort )
入力端子 HDMI 1.4 x 1、DisplayPort 1.2× 1、デュアルリンク DVI-D x1
高さ調整/縦回転/水平回転 非対応
タッチ対応 非対応
スピーカー 非搭載
VESAマウント 対応

27インチの大型ディスプレイパネルを採用しています。B5サイズのノートと比べるとこんな感じ。大きさがよくわかると思います。

液晶が大きいので、座ると液晶パネルが目の前に広がる感じです(上の写真はコンパクトデスクトップと接続したところ)。

高さはそれほどないので、画面の上の方を見ていて首が痛くなるということはありません。

IPS (AHVA)パネルを搭載。AHVAはAdvanced Hyper Viewing Angleの略です。

IPSパネルなので画面表示は綺麗。文字つぶれもなく、滑らかに表示されます。

写真も非常に綺麗に映し出されます。

視野角も広く、斜め方向からでもはっきり表示を確認できます。また、非光沢パネルを採用しているため、映り込みが発生しにくく、長時間モニタを見続けていても目が疲れにくいと思います。

色の表現も鮮やかで黒もしっかり表現できます。なので映像も堪能できます。sRGBカバー率99%の色精度で細部まで表現することができます。

HP 27qiはQHDディスプレイ(2560×1440ドット)を採用。

フルHD(1920×1080ドット)より、一回り広い表示領域を確保しています。約1.7倍の解像度を実現しているため、かなり広くなる印象を受けます。複数のウィンドウを並べて表示させたりすることで、作業効率をアップできます。

27インチの大型パネルを採用しているため、拡大表示しなくても100%表示で十分文字を読み取ることができます。

リフレッシュレートは、一般的なモニタと同じ60Hz。

HP 27qiはブルーライトカット機能を搭載しています。パソコンで作業をする際に目の疲れの原因と言われるブルーライトを低減させることができます。

2)薄型ベゼルを採用

HP 27qiモニタは、液晶の外枠(ベゼル)の幅を10mm以下にしたマイクロエッジディスプレイ。

指と比べるとベゼルの狭さがよくわかります。

マイクロエッジを採用することにより、画面を見ているときベゼルの存在が気にならず、画面への没入度を高めることができます。またデザインの洗練度が上がります。

3)高いコスパを実現

HP 27qiは、

  • 27インチの大型パネル
  • 最大解像度QHDのパネル
  • 表示の綺麗なIPSパネル
  • ブルーライトカット機能
  • マイクロエッジ
  • という魅力的な特徴を備えつつ、価格は34,800円(税抜)に設定されており、高いコストパフォーマンスを実現しています。

    その分、余分な機能はそぎ落とされています。

    たとえば、調整機能は液晶の傾き調整機能のみ。

    左右回転、高さ調整、縦横回転機能は用意されていません。細かく調整したいと考えている人は注意してください。

    液晶はここまで傾けることができます。

    スタンドとベース部分は、コストカットのため金属製ではなく樹脂製を採用しています。

    スタンドとベースの接合ははめ込み式、

    スタンドと液晶本体部分はネジで接合します。

    すごく安定していて、多少本体をつかんで揺らしても、ぐらつきにくいです。

    デザインもすごくシンプル。液晶の下部には光沢のあるシルバーを採用。デザイン上のアクセントになっています。

    背面部はブラック、スタンド/ベース部分はシルバーという、落ち着いたデザインになっています。

    中央に出っ張りがあり、スタイリッシュさは皆無ですね。ちょっと懐かしめのデザインに感じるかもしれせん。

    このあたりはコストカットとのトレードオフで仕方ないと思います。まあ、背面部はほとんど目にすることがないので、こうした割り切りはありかも。

    コストにこだわりつつもVESAマウント規格に準拠しているので、ニーズに合わせてモニターアームの取り付けや壁掛け対応も可能です。

    4)HDMI/DisplayPort/DVIで接続可能

    背面部の下部に映像入力端子類が配置されています。

    端子類は下向きに配置されているのでちょっと接続しづらいです。

    左に電源端子、

    右にデュアルリンクDVI-D、HDMI 1.4、DisplayPort 1.2が並んでいています。

    環境に合わせて3種類の端子を使えます(ただし、同梱される接続ケーブルはHDMIケーブルのみ)。

    スタンドに穴がないのでケーブルを整理できません。別途、バンドで束ねるなどの工夫が必要です。

    5)多彩な設定が可能

    HP 27qiには多彩な設定メニューが用意されており、状況に応じたカスタマイズが可能です。

    設定は、本体の右下に配置されているボタンで行います。

    上の画像の一番右のボタンが電源ボタン、その左に配置されている5つのボタンが操作ボタンです。

    一番左の操作ボタンを押すと、入力ソースを切り替えることができます。

    左から2つ目の操作ボタンを押すと、色の調整を行えます。6つのモードから選択可能。

    左から3つ目の操作ボタンを押すと、エコモードを設定できます。モード3が最も液晶表示が暗くなるので、モード3が最も高いエコ効果を発揮するモードだと思われます。

    左から4つ目のボタンを押しても何も反応しません。左から5つ目のボタンを押すとメインメニューが表示され、細かな調整が可能です。

    6)同梱物をチェック

    HP 27qiの同梱物をチェックします。

    電源ケーブル。かさばるACアダプタは必要ないので、接続しやすいと思います。

    接続ケーブルとしてHDMIケーブル1本のみが用意されています。DisplayPort、DVI端子で接続したい場合には、別途自分でケーブルを用意する必要があります。

    まとめ

    以上、HP 27qiについて詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

    HP 27qiの特徴
    • 27インチのIPSパネルを搭載
    • QHDパネルを搭載
    • ベゼルが狭い
    • ブルーライトカット機能を搭載
    • 高いコスパを実現

    ベゼルが狭いので画面に集中できるのはいいですね。QHDディスプレイ(2560×1440ドット)を搭載しているので、大画面で広い表示領域を確保し、作業効率をアップさせたい場合にぴったりだと思います。コスパもいいので導入しやすいと思います。

    モニターおすすめキャンペーン実施中!  new!

    HPモニタをお得に購入できるモニターおすすめキャンペーン実施中。詳しくは、モニターおすすめキャンペーン詳細ページicon(HP公式ページ)を参照してください。

    icon icon

    当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPCが7%オフに!  new!

    日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。 このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(13.2万円以上)が通常価格から7%オフになります。 クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。

    当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!

    楽天市場でHPパソコンをお得に購入できます!  new!

    HPでは楽天市場店にも力を入れています。楽天ポイントを大量にゲットできるセールも定期的に実施しているので、是非確認してみてください。

    HP DirectPlus楽天市場店

     当サイトではHPパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしていますので、最新情報をチェックしたい人は是非フォローしてください。

    (更新日:2019年1月8日)