HP 15-db0000 レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP 15-db0000について詳しく解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HP 15-db0000レビュー

HP 15-db0000は、エントリシリーズとして位置づけられるHPシリーズに属する15.6インチ液晶搭載ノート。何よりコストパフォーマンスを重視したつくりになっています。

HP 15-db0000 レビュー

HP 15-db0000の主な特徴は次のとおり。

・AMDプロセッサを搭載(AMD E2-9000e/Ryzen3/Ryzen5から選択可能)
・高いコストパフォーマンスを実現
・ホワイトをベースとしたシンプルなデザイン
・1920×1080ドットの非光沢パネルを搭載


高いコスパを実現しているAMDプロセッサを搭載することで、価格を重視した構成になっています。またRyzenプロセッサ搭載モデルも選択することができ、ある程度の性能を求める人のニーズも満たせます。

ここではHP 15-db0000の特徴・スペック等について詳しく解説します。
目次
1)シンプルながら洗練されたデザイン

HP 15-db0000のカラーリングはピュアホワイトのみ。その名のとおり、すごく鮮やかなホワイトです。

天板に加えて、側面部、キーボード、キーボード周辺部もホワイトです。白に包み込まれているようです。

天板の中央にあるHPロゴの周りは光沢加工が施されており、デザイン上のアクセントになっています。光が当たると輝くので、ちょっと高級な感じがしますね。

天板部分は織物調の質感を採用。触るとざらざらしていて、すごく心地いいですね。指紋や汚れがつきにくいうえ、触ったときに滑りにくい仕様になっています。

底面部にも同じ加工が施されています。

パームレスト部分にはヘアライン加工が施されており、デザイン性を高めています。

ボディは樹脂製ですが、前述したようにデザイン面でいろんな配慮がなされており、格安ノートPCにありがちな、安っぽい感じはありません。すごくスタイリッシュな仕上がりです。
2)コンパクト/スリムなボディ

HP 15-db0000は、1世代前のHP 15-bw0000と比べて、コンパクトなつくりになっています(→HP 15-bw000レビュー)。

B5サイズのノートと比べるとこんな感じ。

ボディの厚みは23(最薄部)-26mm(最厚部)。

すごく薄い!というわけではありませんが、低価格ノートにありがちな厚ぼったいボディではなく、そこそこスリムです。

液晶を開いたところ。ここまで液晶を傾けることができます。

このぐらいの厚いであればすごく掴みやすいです。

本体がスリムで、凸凹のないフラットなデザインなので、見た目がすごくすっきりしているのがわかります。

重量は実測値で約2.0kg。

15インチノートとしては標準的な重さです。

気軽に持ち運ぶにはちょっと重いですが、室内を移動するぐらいであれば、特に問題はありません。

さっと持ち運べます。

前述したように、天板/底面部に織物調の加工が施されているため、持ったときも滑りにくく、安心しして持ち運べます。
3)AMDプロセッサを搭載
HP 15-db0000の主なスペックは次のとおり。

【HP 15-db0000のスペック】
 
エントリー
ベーシック
スタンダード
液晶
15.6インチ
フルHD非光沢
最大解像度
1920×1080ドット
CPU
AMD E2-9000e APU (1.50GHz-2.00GHz, 1MB L2キャッシュ)
AMD Ryzen 3 2200U (2.50GHz-3.40GHz, 1MB L2キャッシュ)
AMD Ryzen 5 2500U (2.00GHz-3.60GHz, 2MB L2キャッシュ)
メモリ
4GB/8GB
8GB
ストレージ
1TB HDD(SATA 5400回転)
256GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
グラフィックス
AMD Radeon R2 グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
AMD Radeon Vega 3 グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
AMD Radeon Vega 8 グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
光学ドライブ
DVDライター
インターフェイス
HDMI 出力端子×1、USB3.1 Gen1 ×2、USB2.0 ×1、ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
バッテリ駆動時間
約8時間
外寸(mm)
377×247×23-26
最小重量(kg)
約2.0kg
価格(税抜)
49,800円〜
58,300円〜
64,800円〜
現時点では、エントリー/ベーシック/スタンダードの3つのパッケージが用意されています。

AMD E2-9000e/Ryzen 3/Ryzen 5搭載モデルを選択可能。

 
AMD E2-9000e APU
AMD Ryzen 3 2200U
AMD Ryzen 5 2500U
CPUコア数
2
2
4
スレッド数
2
4
8
基本クロック
1.50GHz
2.5GHz
2GHz
最大ブーストクロック
2.00GHz
3.4GHz
3.6GHz

コア数/スレッド数が多いほど、並行処理を高速に行えます。

価格重視ならAMD E2-9000eですが、AMD E2-9000eだと処理にもたつくことがあるので、性能にこだわるのであれば、よりパワフルなRyzen 3/Ryzen 5搭載モデルがオススメです。

性能面では、E2-9000e<Ryzen 3<Ryzen 5という形になります。

メモリは4/8GBを選択可能。エントリノートの使い方であれば4GBで十分だと思いますが、余裕のあるパフォーマンスを希望するのであれば8GBメモリがオススメです。

ストレージはエントリー/ベーシックがHDDのみ、スタンダードではSSDを搭載できます。しかも、SATA接続より高速なPCIe NVMe M.2接続タイプのSSDを搭載しています。

SSDは、HDDと比べて、読み取り/書き込み速度は段違いに速いので、性能重視であればSSD搭載モデルがオススメです。ただし、SSDだと容量が256GBしか選べないので、大容量データを保存したい場合は外付けのストレージ/クラウドストレージを活用する必要があります。

グラフィックスはCPU内蔵タイプのみを選択可能。動画再生などの一般的なタスクであれば十分なレベルのパフォーマンスを確保できますが、描画処理能力を必要とするタスク(動画編集など)には不向きです。
HP 15-db0000のパフォーマンスをチェックしてみました。レビュー機のスペックは次のとおり。

【エントリー】
・CPU:AMD E2-9000e APU
・メモリ:4GB
・ストレージ:1TB HDD
・グラフィックス:AMD Radeon R2 グラフィックス (プロセッサーに内蔵)

AMD E2-9000e APUは2つのコアを搭載したプロセッサ。HP 15-db0000で選択できるプロセッサの中でローエンドのプロセッサです。

Windowsエクスペリエンスインデックスのスコア。

CPU:7.8/メモリ:5.9/ストレージ:5.9/グラフィックス:5.1

全体的に動きはもっさりする傾向があります。価格重視で性能はそこそこでいい、という割り切りができるのならありでしょうが、ストレスを少なくしたいのであれば、より性能の高いAMD Ryzen 3/Ryzen 5プロセッサ搭載モデルの方が処理性能は高いと思います。
4)各パーツをチェック

液晶は、15.6インチパネルを搭載。

非光沢パネルを採用しているため、照明などの映り込みが発生しにくく実用的です。

価格重視のノートPCの場合、安さを追求するため、最大解像度1366×768ドットのパネルを採用するモデルもありますが、このHP 15-db0000では最大解像度1920×1080ドットのパネルを採用。

より広い表示領域を確保できるため、複数のウィンドウを並べて表示することで、作業効率をアップさせることができます。

おそらく価格を考えれば、IPSパネルよりも安価なTNパネルを搭載しているのだと思います。
左右斜め方向から見た場合、見え方にそれほど変化はないため、見づらさはあまり感じませんが、

下方向から見ると、角度によっては表示が黒っぽくなって見づらくなるので、適宜角度の調整が必要になります。

このあたりは価格とのトレードオフになるので仕方のないところです。

ただ、きちんと角度を調整した場合、見づらさはなく表示も綺麗なので、あまり気にしなくても大丈夫だと思います。

上の画像は、角度の調整後の表示画面。見づらさはなく、綺麗に表示されています。

キーボード。

個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。

左下にあるCtrlキー、Fnキー、Windowsキー、altキーなどがちょっと小さめです。

テンキーを搭載しており、数字を入力する場合に便利です。

キーの表面はざらざらした仕様になっており、滑りにくいです。

キーボードのキーピッチは約18.7×18.7mm。

デスクトップのキーボードとほぼ同等の大きさを確保しています。したがって窮屈さは感じません。

キーストロークは約1.5mm。

ノートPCとしては一般的なキーストロークです。

タッチパッド部分は横長。

表面はつるつしていて滑りがいいです。

クリックボタンが物理的に別になったタイプを採用しています。しっかり幅が確保されており、押しやすいです。ただし、ちょっと押した感触が固めなので、しっかり押し込む必要があります。

パームレスト部分は表面がつるつるしています。

キーボードの左上に電源ボタンが配置されています。

キーボードの上部には通気孔が配置されており、この部分の左右にスピーカーが1つずつ(計2つ)配置されています。

この位置にスピーカーがあると、手で音が遮られることがほとんどなく、サウンドが直接耳に届きます。
低音の響きが今一つですが、高音部分がカシャカシャすることもなく、価格を考えれば個人的には納得できるレベルのサウンドに仕上がっていると思います。

右側面部。ステータスライト、SDカードスロット、USB端2.0端子、光学ドライブが配置されています。

光学ドライブはDVDライターを搭載。トレイ式です。

SDカードを差し込んでみました。

奥までしっかり差し込めるため、SDカードを挿入したまま持ち運ぶ時も、カードが引っかかることはないと思います。

電源をオンにするとステータスライトが点灯し、マシンの状態を確認できます。

左側面部。

電源端子、LAN端子、HDMI出力端子、USB 3.1 Gen2×2、ヘッドホン・マイクコンボポートが配置されています。

電源ケーブルを接続したところ。L型コネクタを配置しているため、スペースをあまりとることなくケーブルを接続できます。

前面部中央には、液晶を開くときに指を引っかけるための取っ手が用意されています。

ゆっくりとであれば、両手を使わずとも、片手だけで液晶を開くことができます。いちいち両手を使わずとも、液晶部分を開くことができるのはすごく便利です。

背面部に端子類は配置されていません。

底面部。通気孔が配置されています。バッテリは内蔵されており、簡単に取り外すことはできないタイプです。
5)同梱物をチェック
HP 15-db0000の同梱物をチェックします。

ACアダプタ、電源ケーブルに加え、コンセント部分のみのパーツも同梱されています。

ACアダプタはすごくコンパクト(AMD E2-9000e APU搭載モデル)。手の平に収まる大きさです。

これなら持ち運ぶ際も邪魔になりにくいと思います。

電源ケーブルはちょっと太めのため、ケーブルをまとめづらいかもしれません。

コンセント部分のみのパーツが用意されています。持ち運ぶときに、ケーブルではなくこのパーツを選べば、軽量化できます。

ACアダプタ+コンセントのみのパーツの重量は218g。

ACアダプタ+電源ケーブルの重量は297g。

コンセントのみのパーツを使うことで79gの軽量化を図ることができます。

「HPパソコンナビ」というガイドブックも同梱されています。約250ページもあり、結構なボリュームです。

全ページカラーで、図やイラストがふんだんに使われているので、困ったときに参考になると思います。
まとめ

以上、HP 15-db0000について詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・15.6インチ液晶搭載のA4サイズノート
・AMDプロセッサを搭載(AMD E2-9000e/Ryzen3/Ryzen5から選択可能)
・高いコストパフォーマンスを実現
・ホワイトをベースとしたシンプルなデザイン
・1920×1080ドットの非光沢パネルを搭載


デザインもよく、コストパフォーマンス重視の15インチノートを探している方にオススメです。

ただし、前述したようにAMD E2-9000e搭載モデルは動きがもっさりすることがあるので、とにかく価格重視!というのでなく、一定のパフォーマンスも求めるのであれば、Ryzenプロセッサ搭載モデルを選んだ方がいいと思います。
*詳しくはHP 15-db0000詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。

当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(12万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(12万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。
ハッピークリスマスキャンペーン! new!
ハッピークリスマスキャンペーン実施中!最大40%オフと超お得です。

*詳細については、ハッピークリスマスキャンペーン詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。
icon icon

(更新日:2018年9月14日)
HP Directplus オンラインストア