HP Pavilion 15-cs3000 解説

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP Pavilion 15-cs3000を解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HP Pavilion 15-cs3000徹底解説
Pavilion 15-cs3000は15インチ液晶搭載ノート。HPのスタンダードノートPavilionシリーズに位置づけられています。

Pavilion 15-cs3000レビュー

Pavilion 15-cs3000は、人気のあったPavilion 15-cs0000の後継モデルとして位置づけられています。第10世代インテルCoreプロセッサを搭載するなどスペックの充実を図っています。

主な特徴は次のとおり。

・15.6インチパネル搭載
・コンパクト/スリム化を実現
・第10世代インテルCore i5/Core i7プロセッサ搭載モデルを選択可能

ここでは、Pavilion 15-cs3000の特徴・スペック等について詳しく解説します。
*HP Webサイトの製品ページを確認する
Pavilion 15-cs3000詳細情報 icon
【Pavilion 15-cs0000レビュー】
Pavilion 15-cs3000の先代モデルPavilion 15-cs0000について詳しく解説しています。Pavilion 15-cs3000とはボディの大きさ/搭載している端子類が同じのため、参考になる部分が多いと思います。詳しくは、Pavilion 15-cs0000レビューを参照してください。

目次
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。
1)スリムなボディ
Pavilion 15-cs3000は、Pavilion 15シリーズ史上最薄・最軽量を実現したモデルです。

光学ドライブ搭載モデルのPavilion 15-cu1000と比べたところ。厚さは18.0mm、重量は約1.82kgです。

Pavilion 15-cs3000レビュー

非常にスリムなボディに仕上がっているのがわかります。

こちらは先代モデルPavilion 15-cs0000。ボディの厚さ・大きさはcs3000と全く同じです。

15インチという大きめの液晶を搭載しつつ、ボディがスリム・軽量なので、画面の見やすさと扱いやすくさを両立差せています。

カラーリングは、セラミックホワイトとフォグブルーの2色を用意。
2)スペックをチェック(第10世代インテルCoreプロセッサ搭載)
Pavilion 15-cs3000の主なスペックは次のとおり。
パッケージ Pavilion 15-cs3000
OS Windows 10 Home
液晶 15.6型 (1920×1080) IPSブライトビュー
タッチパネル ×
CPU インテル Core i5-1035G1 プロセッサー (1.00GHz-3.60GHz, インテルスマートキャッシュ 6MB)

インテル Core i7-1065G7 プロセッサー (1.30GHz-3.90GHz, インテルスマートキャッシュ 8MB)
メモリ 8GB (4GB×2) DDR4-2666MHz (最大8GB)
8GB (8GB×1) DDR4-2666MHz (最大8GB)
16GB (8GB×2) DDR4-2666MHz (最大16GB)
ストレージ 256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+1TB HDD 5400回転
512GB SSD (PCIe NVMe M.2)+インテル Optane メモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2)
光学ドライブ -
グラフィックス インテルUHDグラフィックス
NVIDIA GeForce MX250 グラフィックス
バッテリ駆動時間 約9時間/約10時間(パッケージにより異なる)
インターフェイス HDMI 出力端子 ×1、USB3.1 Gen1 ×2 、USB Type-C 3.1 Gen1 ×1 、ネットワークポート(RJ45) ×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート ×1
寸法 約 361×246×18.0-20.0mm
重量 1.82kg
最小構成価格
(税抜)
84,800円
第10世代インテルCore i5/Core i7プロセッサ搭載モデルを選択できます。
CPU インテル Core i5-1035G1 インテル Core i7-1065G7
コアの数 4 4
スレッドの数 8 8
プロセッサー・ベース動作周波数 1.00GHz 1.83GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.60GHz 3.90GHz
キャッシュ 6MB 8MB
メモリは標準で8GBを搭載。Web閲覧/ビジネスアプリの操作/動画再生といった、比較的負荷の軽いタスクを処理する分には8GBのメモリ容量で十分です。

16GB搭載モデルも選ぶことができます。より快適に処理したいのであれば、16GBメモリ搭載モデルがオススメです。

ストレージには、HDDよりも高速アクセスできるSSDのみの構成に加え、SSD+Optaneの構成を選べます。

インテルOptaneメモリは、HDDを高速化するためのキャッシュメモリとして使用されます。頻繁に使用するデータがここに保持されるので、PCの速度向上が見込めます。
グラフィックスは、CPU内蔵タイプのインテルUHDグラフィックスに加え、NVIDIA GeForce M250)搭載モデルを選べます。
基本性能は高いですね。動画/画像処理や3Dゲームといった、負荷のかかるタスクはちょっと厳しいですが、それほど負荷のかからない一般的な作業であれば、快適に処理できるレベルのパフォーマンスを確保できると思います。
バッテリ駆動時間は約9時間(公称値)。外出先でバッテリ残量を気にしなくて済むレベルの駆動時間を確保しています。またHPファーストチャージ機能にも対応。45分で約50%充電できるので、急いでいるときお安心です。
Windows Helloに対応。 顔認証で瞬時にサインインできるうえ、生体認証によりセキュリティを強化できます。
8)各パーツをチェック
Pavilion 15 cs3000の各パーツをチェックします。
ディスプレイには、15.6インチパネルを採用。最大解像度はフルHD対応の1920×1080ドット。15インチパネルなので最大解像度に設定しても、表示が小さすぎて見づらいということはないと思います。

IPSパネルを採用しているため、画面表示が綺麗なうえ、広い視野角を確保。
キーボードのキーピッチ(キー間の距離)は18.7mm。フルサイズのキーボード(19mm)と同程度のキーピッチを確保しているため、窮屈さは感じないと思います。キーストローク(キーを押し込む深さ)は1.5mm。標準的なノートPCと同程度のキーストロークです。

左側面部。左から順に、HDMI出力端子、ネットワークポート(RJ45)、USB Type-C 3.1 Gen1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポートが配置されています。

右側面部。写真左から順に、SDカードスロット、セキュリティロックケーブル用スロット、USB 3.1 Gen1 ×2、電源コネクターが配置されています。
まとめ

以上、Pavilion 15-cs3000について見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・15.6インチパネル搭載
・コンパクト/スリム化を実現
・第10世代インテルCore i5/Core i7プロセッサ搭載モデルを選択可能

15.6インチ液晶搭載ノートPCとしては、コンパクト/スリムなボディを実現しています。光学ドライブは非搭載でいいから、扱いやすい大きさの15インチノートPCを探しており、パフォーマンス面でも妥協したくない人にオススメです。
*詳しくはPavilion 15-cs3000詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(10万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(10万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2020年1月13日(月)迄の期間限定です。
ハッピークリスマスキャンペーン! new!

ハッピークリスマスキャンペーンを実施中。なんと最大40%オフに!詳細情報および対象製品については、ハッピークリスマスキャンペーン icon(HP公式ページ)を参照してください。

icon icon

(更新日:2019年11月28日)