HP 230ワイヤレスキーボードレビュー[PR]

HP 230ワイヤレスキーボードは英語キーボードを採用。レシーバをUSB端子に装着して利用することにより、ワイヤレスで利用できます。

HP 230ワイヤレスキーボードレビュー

HP 230ワイヤレスキーボードの主な特徴は次のとおり。

  • 英語キーボード採用
  • 使いやすく疲れにくい
  • ワイヤレスタイプなのでコードがなくてすっきり
  • 軽いので気軽に動かせる

ここでは、HP 230ワイヤレスキーボードの特徴・使い勝手等について詳しく解説します。

ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。このレビュー記事は、日本HP様から製品をご提供いただいてレビューしています。

HP 230 ワイヤレスキーボードの特徴・使い勝手

HP 230 ワイヤレスキーボードは英語キーボードを採用。

キートップに日本語表記がないので凄くシンプルです。

日本語キーボードと並べてみると、違いがよく分かります。日本語キーボードの方がごちゃごちゃしていますね。

キーピッチ(キー間の距離)は広く、窮屈な感じはありません。

キーストローク(キーを押し込む深さ)もしっかりめです。

打鍵感もほどよい感じ。固すぎもせず、柔らかすぎもせず、軽く押せば反応してくれるのでストレスなくキータイピングできます。長時間使っていても疲れにくいと思います。

ただし、英語キーボードなので 一部のキー配列・キートップの表記が日本語キーボードとは異なります。大きく異なるのがEnterキーの形状と大きさ。

日本語キーボードと比べて、Enterキーが小さいのがわかります。Enterキーは頻繁に利用するので、英語キーボードに慣れないうちは打ち間違えが発生しやすいかもしれません。

HP 230 ワイヤレスキーボードは、同梱されるレシーバーをPCのUSB端子に接続して利用するタイプです。準備はレシーバーをPCのUSB端子に接続するだけでOK。

ケーブルがないので見た目がすっきりするほか、自分の好きな場所に置いて作業できます。また使わないときは片付けることもできます。

横から見たところ。入力しやすいよう傾斜しているのがわかりますね。

また折りたたみの爪を出すことで、

さらに傾かせることが可能。

キーボードを使うには単四電池×2が必要です(単四電池は同梱されています)。

電池はキーボード裏面に装着します。

電池の横にはレシーバーを格納しておくスペースがあります。キーボードを使わないときはここにレシーバーを格納しておくことで紛失するリスクを減らせます。

重量は509g。軽いので、気軽に動かしたり、片付けたりすることが可能。

同梱物は上の画像のとおり。キーボード本体、レシーバー、単四電池×2、説明書が含まれています。

まとめ

以上、HP 230 ワイヤレスキーボードについて見てきました。主な特徴は次のとおり。

HP 230 ワイヤレスキーボードの特徴
  • 英語キーボード採用
  • 使いやすく疲れにくい
  • ワイヤレスタイプなのでコードがなくてすっきり
  • 軽いので気軽に動かせる

押し心地が良いキーボードです。英語キーボードということで日本語キーボードとはキーの形状等異なる部分があるため、英語キーボードに使い慣れている人、新たに英語キーボードを使ってみたい人向けだと思います。

(更新日:2022年2月23日)