HP 15s-du1000 解説

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP 15s-du1000について詳しく解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HP 15s-du1000徹底解説

HP 15s-du1000は、エントリシリーズとして位置づけられるHPシリーズに属する15.6インチ液晶搭載ノートPC。

HP 15s-du1000

HP 15s-du1000の主な特徴は次のとおり。

・15インチ液晶搭載
・第10世代インテルCoreプロセッサを搭載
・光学ドライブ非搭載
・コンパクトなボディ
・シルバーをベースとしたスタイリッシュなデザイン
・エントリーPCとしてはスペックが充実


ここではHP 15s-du1000の特徴・スペック等について詳しく解説します。
*HP Webサイトの製品ページを確認する
HP 15s-du1000詳細情報 icon
目次
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。
1)コンパクトなボディ

これまでエントリーシリーズのノートPCといえば、コストの関係で液晶の外枠(ベゼル)が狭いスリムベゼルの採用を見送るケースが多かったのですが、HP 15s-du1000ではスリムベゼルを採用。このおかげで、デザインがよりスタイリッシュになるほか、左右のベゼル幅が狭まる分、ボディがコンパクトになります。

2018年に登場したエントリータイプのノートPC HP 15-da0000と比べて、横幅が-19mm、奥行が-5mm、最薄部が-2.6mmとなっているほか、液晶占有率も9%向上して81%となっています。
また光学ドライブを非搭載とすることで軽量化も実現。標準的なエントリータイプのノートPCの場合、約2kgの重量がありますが、HP 15s-du1000では約1.7kgです。
2)シルバーをベースとしたスタイリッシュなデザイン

HP 15s-du1000ではナチュラルシルバーをベースとしたスタイリッシュなデザインを採用。写真を見る限り、エントリータイプのノートPCとは思えない仕上がりになっています。

キーボードおよぼその周辺部はシルバー、ディスプレイ部はブラックのツートンカラー。

パームレスト部分にはヘアライン加工が施されており、光の当たり方によって見え方が異なります。
3)スペックをチェック(第10世代インテルCoreプロセッサ搭載)
HP 15s-du1000の主なスペックは次のとおり。

【HP 15s-du1000のスペック】
 
ベーシック
スタンダード
液晶
15.6インチ
フルHD非光沢IPS
最大解像度
1920×1080ドット
CPU
インテル Core i3-10110U プロセッサー (2.10GHz-4.10GHz, インテルスマートキャッシュ 4MB)
インテル Core i5-10210U プロセッサー (1.60GHz-4.20GHz, インテルスマートキャッシュ 6MB)
メモリ
8GB (8GB×1) DDR4-2666MHz (最大8GB)
ストレージ
256GB SSD (PCIe NVMe M.2)
256GB SSD (PCIe NVMe M.2)/
128GB SSD (SATA M.2) + 1TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
グラフィックス
インテル UHD グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
光学ドライブ
-
インターフェイス
HDMI 出力端子×1、USB Type-C3.1 Gen1 ×1、USB 3.1 Gen1 ×2、ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、SDカードスロット
外寸(mm)
358 × 242 × 19.9(最薄部)- 22(最厚部)mm
最小重量(kg)
約1.7kg
バッテリ駆動時感
最大9時間30分
最小構成価格
(税抜)
69,800円
79,800円
現時点では、ベーシック/スタンダードの2つのパッケージが用意されています。

CPUには、第10世代インテルCore i3/i5プロセッサを搭載。

これまでエントリーノートPCの場合、価格重視で4GBのメモリを搭載するモデルが多かったのですが、HP 15s-du1000では8GBを搭載。

エントリノートPCの場合、Web閲覧/Officeなどのビジネスアプリの操作/動画再生など、比較的負荷が軽めのタスクを行うことが多いと思うのですが、これらのタスクであれば8GBのメモリ容量があれば、特に大きなストレス無く処理できると思います。

ストレージはベーシックがSSDのみ、スタンダードではSSDおよびSSDとHDDのハイブリッドを選べます。しかも、256GB SSDの場合、SATA接続より高速なPCIe NVMe M.2接続タイプを採用しています。

もうエントリーノートPCでも、HDDではなくSSDが標準で搭載される時代なんですね。一昔前であれば、SSDは価格が高かったのでオプションで用意されていたのですが・・・

SSDは、 HDDと比べて、読み取り/書き込み速度が段違いに速いので、より快適な処理が可能。起動も速いです。しかも衝撃に強い。

256GBだと一般的な使い方で容量不足になるケースは少ないと思いますが、写真や動画など大容量データを保存したいニーズがあるのであればハイブリッド構成がオススメです。ただし、その場合、SSDの容量は128GBとなります。

グラフィックスはCPU内蔵タイプのみを選択可能。動画再生などの一般的なタスクであれば十分なレベルのパフォーマンスを確保できますが、描画処理能力を必要とするタスク(動画/画像編集など)には不向きです。
4)各パーツをチェック
液晶は、15.6インチパネルを搭載。最大解像度は1920×1080ドットです。非光沢パネルを採用しているため、照明などの映り込みが発生しにくく実用的です。

また液晶パネルには、安価なTNパネルではなく、表示が綺麗で視野角の広いIPSパネルを搭載。IPSパネルの方が精細感が高く、色の表現も鮮やかなので、映像も堪能できると思います。
キーボードのキーピッチは約18.7×18.7mm。デスクトップPCに接続するタイプのキーボードのキーピッチが19mmですから、ほぼ同等のキーピッチを確保しています。キーストロークは約1.5mm。ノートPCとしては一般的なキーストロークです。テンキーを搭載しています。
タッチパッドはクリックボタンが別になったタイプを採用。

左側面部。LAN端子、HDMI出力端子、USB Type-C 3.1 Gen1 ×1、ヘッドホン・マイクコンボポートが配置されています。

右側面部。SDカードスロット、USB 3.1 Gen1×2、電源コネクタが配置されています。
HP 15s-du1000の特徴まとめ

HP 15s-du1000の特徴をまとめると次のとおり。

・15インチ液晶搭載
・第10世代インテルCoreプロセッサを搭載
・光学ドライブ非搭載
・コンパクトなボディ
・シルバーをベースとしたスタイリッシュなデザイン
・エントリーPCとしてはスペックが充実


エントリータイプよりワンランク上のノートPCに仕上がっています。ある程度余裕のあるパフォーマンスを確保できる15インチノートPCを探している方にオススメです(2019年10月下旬販売開始予定です)。
*詳しくはHP 15s-du1000詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。

当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(12万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(12万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2019年10月31日(木)迄の期間限定です。
HP 80周年記念セール実施中! new!

HP 80周年記念セールを実施中です。HPの人気ノートPCをお得にゲットできるチャンス!詳しくは、80周年記念セール詳細情報icon(HP公式ページ)を参照してください。

icon icon

(更新日:2019年10月2日)