HP EliteDesk 800 G5 DM/CTレビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP EliteDesk 800 G5 DM/CTについて説明します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HP法人向けデスクトップ > HP EliteDesk 800 G5 DM/CTレビュー
HP EliteDesk 800 G5 DM/CTレビュー
EliteDesk 800 G5 DM/CTは、HPの法人向けEliteシリーズに属するデスクトップ。非常にコンパクトなボディを採用しており、省スペースで設置できます。

HPの法人向けセパレートタイプデスクトップPCは、筐体の大きさに応じて下の表のとおりDM/SF/TWの3つに分けられます。
筐体 DM SF TW
  超小型 省スペース タワー
大きさ
小   ←                        →   大
EliteDesk 800 G5 DMは、この中のDMに位置づけられており、超コンパクトな筐体を採用しています。主な特徴は次のとおり。

・非常にコンパクトで縦置き/横置き可能なため、置き場所に困らない
・容易に筐体内部にアクセス可能
・高い基本性能を発揮できる(第9世代インテルCoreプロセッサ/SSD搭載可能)
・充実した内容のElite Premiumサポートを受けることができる

ここではEliteDesk 800 G5 DM/CTの特徴、スペック等について詳しく解説します。
目次
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。レビュー機はメーカーの貸出機です。
[スポンサーリンク]
1)スリム/コンパクトなボディ

EliteDesk 800 G5 DM/CTの最大の特徴はそのボディのスリム/コンパクトさ。

大きさは177×175×34mm。

片手で軽々掴める大きさです。

これだけ小さいと、置き場所に困るシーンは少ないと思います。というか、持ち歩ける大きさです。

B5サイズのノートと比べたところ。

重量は1.03kg。デスクトップPCとしては非常に軽量です。

EliteDesk 800 G5 DM/CTは縦置き/横置きが可能。スタンドが同梱されているので、縦置きの場合にはスタンドを装着することにより、安定性を高めることができます(スタンドがないと簡単に倒れてしまいます・・・)。

幅は34mmしかないので、縦置きにすると設置面積が少なく済みますね。

500mlのペットボトルと比較してみると、EliteDesk 800 G5 DM/CTのコンパクトさ/スリムさが際立ちます。

24インチ液晶モニタに接続したところ。

モニターマウントキットを使えば、上の画像のように液晶モニタの背面にEliteDesk 800 G5 DM/CTを設置することができます。これなら、設置スペースが不要になるので、置き場所がなくて困っている人、よりスペースを広くとりたい人にオススメです。
2)高いパフォーマンスを発揮できる
EliteDesk 800 G5 DM/CTのもう一つの大きな特徴として、コンパクトボディながら、高い性能を発揮できる仕様になっている点が挙げられます。

主なスペックは次の表のとおり。
機種名 EliteDesk 800 G5 DM/CTスペック
CPU インテル Core i3-9100T プロセッサー(3.10 GHz / インテル スマート・キャッシュ6MB)

インテル Core i5-9500T プロセッサー (2.20 GHz- 最大3.70GHz※1/ インテル スマート・ キャッシュ9MB)

インテル Core i5-9600T プロセッサー (2.30 GHz- 最大3.90GHz※1/ インテル スマート・ キャッシュ9MB)

インテル Core i7-9700T プロセッサー (2.00 GHz- 最大4.30GHz※1/ インテル スマート・ キャッシュ12MB)
メモリ 4GB(4GB×1) / 8GB(8GB×1) / 16GB(8GB×2) / 32GB(16GB×2) ( 最大64 GB)

メモリソケットは2基
ストレージ SATA/600(7,200rpm) : 500GB / 1TB / 2TB

SSD M.2(NVMe) : 128GB(TLC) / 256GB(TLC) / 512GB(TLC)/1TB(TLC)
ストレージ2 SATA/600(7,200rpm) : 500GB / 1TB / 2TB

SSD M.2(NVMe) : 128GB(TLC) / 256GB(TLC) / 512GB(TLC)
グラフィックス インテルHDグラフィックス630
光学ドライブ なし
映像出力端子 標準ポート:DisplayPort×2

選択可能ポート:VGA/HDMI/USB Type-Cのいずれか1つ

端子類 USB3.1×6(前面 2・背面 4)、 USB TypeCx1(前面1)
寸法/
重量
177×175×34 mm
約1.05kg
標準保証 3年+ Premiumサポート icon
これだけコンパクトなマシンの場合、性能面で妥協するケースが多いのですが、このスペックを見てわかるとおり、EliteDesk 800 G5 DM/CTでは、一定のパフォーマンスを確保できる構成になっています。

CPUには、処理性能に優れたインテルCoreプロセッサを搭載。第9世代インテルCore i3/i5/i7の中からニーズに合わせて選べます。

メモリソケットは2基搭載。4GB/8GB/16GB/32GBでカスタマイズできます。4GBだと処理にもたつくことがあるので、快適な処理を望むのであればなるべく8GB以上のメモリを積むことをオススメします。

ストレージはHDDに加えて、高速アクセス可能なSSDも選択できます。SATA接続タイプよりも高速なNVMeタイプを採用。処理性能にこだわるのであればSSDを選択したいところです。

グラフィックスはCPU内蔵タイプのインテルHDグラフィックのみを選択可能。光学ドライブは非搭載です。

最もパフォーマンスに優れた構成にした場合、インテルCore i7プロセッサ/32GBメモリ/1TB SSDとなり、性能面だけ見れば、一般的なデスクトップPCにひけをとらない構成に仕上げることも可能です。

グラフィックスが、カードタイプと比べて性能が低めのCPU内蔵タイプなので、動画/画像の編集など、画像処理能力を必要とする作業を実行するには厳しいですが、それ以外の一般的なタスク(Web閲覧/SNS/ビジネスアプリの操作/動画再生等)であれば、ストレスなく作業できるレベルの性能を確保できると思います。

EliteDesk 800 G5 DMは東京で生産されています。輸送距離が短くなるため、輸送で発生するトラブルの発生リスクを減らすことができます。
3)各パーツをチェック
EliteDesk 800 G5 DM/CTの各パーツをチェックします。

前面部。写真左から順に、USB Type-C 3.1 Gen2、USB3.1 Gen2、USB 3.1 Gen1、ヘッドホン端子、ヘッドホン/マイクコンボ端子、電源ボタンが配置されています。

電源をオンにすると電源ボタンが点灯します。また電源ボタンの左にはステータスライトが配置されており、マシンの稼働状態を確認できます。

USB端子が前面部にあると、USBデバイスの装着がしやすくて便利ですね。

背面部。

上の写真の左から順に、DisplayPort外部出力端子×2、USB 3.1 Gen2×2が配置されています。

こちらの画像では、写真右から順に、電源端子、LAN端子、USB 3.1 Gen1×2、ディスプレイ用オプションポートが配置されています。

ディスプレイ用オプションポートには、VGA/HDMI/USB Type-Cのいずれか1つの出力端子を搭載できます。レビュー機には、HDMI端子が搭載されています。

ケーブル類を接続したところ。電源ケーブル、USBケーブル×2、HDMIケーブルを接続しています。

底面部。

中央部分が少し盛り上がっているのがわかります。
4)容易に筐体内部にアクセス可能
EliteDesk 800 G5 DM/CTは、簡単に筐体内部にアクセスできる仕様になっているため、カスタマイズ作業を容易に行うことができます。

筐体内部にアクセスするには、背面部中央にあるネジを緩めます。大きめのネジのため、ドライバを使わず手で緩めることが可能。

側面部を少しずらすだけで簡単に外れます。力を入れる必要はありません。

画像の上部右に冷却ファンが配置されており、その奥にメモリソケットが隠れています(CPUは露出していませんが、上部左の奥に配置されています)。下の部分にSSDが配置されています。

ファンの部分は可動式になっているので、簡単に動かすことが可能。

メモリソケット2基が姿を現しました。

本構成ではSSDを搭載しています。

コンパクトなボディに整然とパーツが配置されているのがわかりますね。メモリの追加・交換、ストレージの交換を簡単に行えるような設計になっています。
5)同梱物をチェック
EliteDesk 800 G5 DM/CTの同梱物をチェックします。

ACアダプタと電源ケーブル。

ACアダプタは手の平サイズです。

スタンド。真ん中に本体をはめ込むだけでOK。ネジ留め等は不要です、しっかりはめ込めば、簡単には外れない仕様になっています。

キーボード/マウスは、ワイヤレスタイプ、USBタイプを選択可能。「キーボードなし」「マウスなし」を選択することも可能です。レビュー機には、USBタイプのキーボードが同梱されていました。

ワイヤレスタイプの方が、ケーブルが邪魔にならず、好きなところにキーボード・マウスを置けるので使い勝手はいいと思います。
6)HP Elite Premiumサポートを受けることができる

HP EliteDesk 800 G5 DM/CTを購入すると、標準保証よりワンランク上のサポートのHP Elite Premiumサポートを受けることができます。

専用の回線が設置されるため迅速な対応が期待できるほか、ワンストップでのサポートが可能です。また、標準の保証内容と比べ受付時間が延長されるほか、修理時間の短縮にも対応しています。

詳しくは、HP Elite Premiumサポート詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。

まとめ

以上、HP EliteDesk 800 G5 DM/CTについて見てきました。主な特徴をまとめると次のとおり。

・非常にコンパクトで縦置き/横置き可能なため、置き場所に困らない
・容易に筐体内部にアクセス可能
・高い基本性能を発揮できる(第9世代インテルCoreプロセッサ/SSD搭載可能)
・充実した内容のElite Premiumサポートを受けることができる


HP EliteDesk 800 G5 DM/CTは、省スペース性を何より重視したいが、パフォーマンス面で妥協したくないという企業にお勧めです。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP法人向けPC(7万円以上)が4%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP法人向けPC(7万円以上)が通常価格から4%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで4%オフをゲットする方法」を参照してください。2020年9月30日(水)迄の期間限定です。
半期末セール実施中! new!
HPでは半期末セールを実施中!法人向けPCを最大62%オフで購入できるチャンスです。詳しくは、半期末セール詳細ページ icon(HP Webサイト)を参照してください。
icon icon
当サイトではHPパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしていますので、最新情報をチェックしたい人は是非フォローしてください。
HP法人向けモデル一覧
法人向けデスクトップ シリーズ別モデル一覧法人向けノートブック シリーズ別モデル一覧
(更新日:2020年5月25日)