HP Pavilion Gaming Desktop TG01(インテル)レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP Pavilion Gaming Desktop TG01を解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPデスクトップ > HP Pavilion Gaming Desktop TG01レビュー
HP Pavilion Gaming Desktop TG01レビュー
HP Pavilion Gaming Desktop TG01はミニタワー型筐体を採用したゲーミングデスクトップPC

Pavilion Gaming TG01レビュー

HPからはゲーミングPCブランドとしてOMENが展開されています(→OMENシリーズ一覧)。OMENは

・デザインが奇抜すぎる
・価格が高い

という特徴がありました。

Pavilion Gaminguシリーズは、よりシンプルなデザインで気軽にゲームを楽しみたい人、価格を抑えたい人、ゲームではなくクリエイティブワークにも使いたい人をターゲットにしています。

これまでPavilion Gaming 690が用意されていましたが、後継モデルとしてPavilion Gaming Desktop TG01が登場しました。主な特徴は次のとおり。

・ブラックを基調としたシンプルなデザイン
・グラフィックスにNVIDIA GeForce RTXシリーズ搭載モデルを選択可能
・高い性能を発揮できるよう設計
・ミニタワーボディを採用
ここでは、Pavilion Gaming Desktop TG01の特徴・スペック等について詳しく解説します。
目次
*ここに記載されているスペック・構成は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。レビュー機はメーカーの貸出機です(レビュー機はPavilion Gaming TG01-0000jp。最新モデルとはスペックが異なる可能性があるので、あくまで参考としてください)。

【レビュー機の構成】
インテル Core i7-9700プロセッサ/16GBメモリ/512GB SSD+2TB HDD/NVIDIAR GeForce RTX 2060
*当サイト向け特別クーポンが提供されています。詳しくは、特別クーポン詳細情報を参照してください。
1)ブラックを基調とした落ち着いたデザイン

Pavilion Gaming Desktop TG01は、ブラックを基調としています。

中央が尖っており、エッジの効いたデザインになっています。

前面部は直線を多用。

前面部の下の方は三角形を切り取ったような形状になっています。ここに緑色のLEDが配置されており、ゲーミングPCっぽい雰囲気を醸し出していますが、それほど奇抜さはありません。

同梱されている「OMEN Gaming Hub」ツールで、LEDのオン/オフの切り替え、点滅させるかどうかの設定が可能です。

普段は点灯させておき、ゲームの世界に浸りたいときは点滅させる、なんてことも可能です。点灯させていても、それほどまぶしいという感じはしません。

オフにすることもできるので、ビジネスシーンでも問題なく使えると思います。描画処理能力を必要とする動画/画像編集などのクリエイティブワークにも利用可能です。
2)高い性能を発揮できる構成
Pavilion Gaming Desktop TG01の主なスペックは次のとおり。

(*2021/8追記:第11世代インテルCoreプロセッサ搭載のPavilion Gaming Desktop TG01-2000jpが登場しました)
モデル
HP Pavilion Gaming Desktop TG01-1000jp
HP Pavilion Gaming Desktop TG01-2000jp
OS
Windows 10 Home 64ビット/
Windows 10 Pro 64ビット
Windows 10 Home 64ビット/
Windows 10 Pro 64ビット
CPU
インテル Core i5-10400F プロセッサー (2.90GHz-4.30GHz, インテルスマートキャッシュ12MB, 6コア / 12スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0

インテル Core i7-10700 プロセッサー(2.90GHz-4.80GHz, インテルスマートキャッシュ 16MB, 8コア / 16スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0

インテル Core i7-10700F プロセッサー (2.90GHz-4.80GHz, インテルスマートキャッシュ 16MB, 8コア / 16スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
インテル Core i7-11700 プロセッサー (2.50GHz-4.90GHz, インテルスマートキャッシュ 16MB, 8コア / 16スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0

インテル Core i7-11700F プロセッサー (2.50GHz-4.90GHz, インテルスマートキャッシュ 16MB, 8コア / 16スレッド) インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
メモリ
8GB (8GB×1) DDR4-2666MHz (最大32GB)

116GB (8GB×2) DDR4-2933MHz (最大32GB)
16GB (8GB×2) DDR4-2933MHz (最大32GB)
ストレージ
256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+1TB ハードドライブ(7200rpm SATA)/

512GB SSD(PCIe NVMe M.2)+2TB ハードドライブ(7200rpm SATA)
256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+1TB ハードドライブ(7200rpm SATA)/

512GB SSD(PCIe NVMe M.2)+2TB ハードドライブ(7200rpm SATA)
グラフィック
インテル UHD グラフィックス 630/
NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER/
NVIDIA GeForce RTX 2060/
NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER
インテル UHD グラフィックス 750/
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
光学ドライブ
-
-
インターフェイス
前面:
SuperSpeed USB Type-A 5Gbps×4、SuperSpeed USB Type-C 5Gbps×1

背面:
USB2.0×4
前面:
SuperSpeed USB Type-C 5Gbps×1、SuperSpeed USB Type-A 10Gbps×2、SuperSpeed USB Type-A 5Gbps×2

背面:
USB2.0×4
電源
内蔵310W SFF電源、80PLUS GOLD 相当/
内蔵500W電源、80PLUS GOLD 相当
内蔵500W電源、80PLUS GOLD
メモリスロット
2スロット(DIMM) 2スロット(DIMM)
ドライブベイ
3.5インチ×2 3.5インチ×2
拡張スロット
PCI Express x16 × 1スロット
PCI Express x1 × 1スロット
M.2 × 2スロット
PCI Express x16 × 1スロット
PCI Express x1 × 1スロット
M.2 × 2スロット
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約155 × 321 × 338 mm 約153 × 295 × 339 mm
最小構成重量
約5.2kg 約5.0kg
プロセッサに第10世代インテル Core i5/i7プロセッサ搭載モデル(1000jp)/第11世代インテルCore i7プロセッサ搭載モデル(2000jp)を用意。

プロセッサ名の末尾に「F」が付いたプロセッサは、内蔵グラフィックスを無効化したモデル。グラフィックカードと組み合わせて使用します。

CPU インテルCore i5-10400F インテルCore i7-10700 インテルCore i7-10700F
コアの数 6 8 8
スレッドの数 12 16 16
プロセッサー・ベース動作周波数 2.90GHz 2.90GHz 2.90GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.30GHz 4.80GHz 4.80GHz
キャッシュ 12MB 16MB 16MB

CPU インテルCore i7-11700 インテルCore i7-11700F
コアの数 8 8
スレッドの数 16 16
プロセッサー・ベース動作周波数 2.50GHz 2.50GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.90GHz 4.90GHz
キャッシュ 16MB 16MB
メモリは8GB/16GBを搭載。Web閲覧/ビジネスアプリの操作/動画再生といった一般的なタスクであれば8GBで十分だと思いますが、ゲームやクリエイティブワークをメインに処理したいのであれば、大容量の16GBメモリ搭載モデルがオススメです(最大32GBまで増設可能)。
グラフィックスには、グラフィックスカードを搭載していないグラフィックレスエディションに加え、NVIDIA GeForce GTXシリーズおよびハイエンドのNVIDIA RTXシリーズ搭載モデルも選べます。

グラフィックレスエディションを選択すると、自分で選んだグラフィックカードを搭載できるため、自分のニーズにあった構成に仕上げることができます。
3)ミニタワーボディを採用

Pavilion Gaming Desktop TG01はミニタワーボディを採用。効率的なエアフローを確保できるうえに、一定の拡張性も有しています。ボディの大きさは 約 155 × 321 × 338 mm(幅×奥行き×高さ)。重量は最小構成で5.2kg。

B5サイズのノートと比較するとこんな感じ。

高性能なゲーミングデスクトップPCでありながら、あまり大きいという印象は受けないですね。

横幅はぎりぎり片手で掴める大きさ。

上の画像は、24インチモニタに接続したところ。
一定の拡張性も確保しています。主な拡張性は次のとおり。
 
拡張性
メモリスロット
2スロット(DIMM)
ドライブベイ
3.5インチ×2
拡張スロット
PCI Express x16 × 1スロット、
PCI Express x1 × 1スロット、
M.2 × 2スロット
サイズ・重量
約155 ×321 × 338 mm
約5.2kg(最小構成)
4)各パーツをチェック
Pavilion Gaming Desktop TG01の各パーツをチェックします。

前面部。

右上に端子類が配置されています。上から順に、電源ボタン、ヘッドフォン/マイクコンボジャック、SuperSpeed USB Type-A 5Gbps ×4、メディアカードリーダー×1、SuperSpeed USB Type-C 5Gbps×1が利用可能です。

電源がオンの状態で、電源ボタンの緑色のLEDが点灯します。

前面部にUSB端子が豊富に用意されているので、USBデバイスの抜き差しがしやすいですね。

右側面部。

左側面部。

背面部。

上段左に端子類を配置。ライン出力(緑) 、ライン入力(水色)、マイク入力(ピンク)、USB Type-A 2.0×4、ネットワークコントローラー(RJ-45)×1が利用可能です。

この構成はグラフィックカードを搭載しているので、映像出力端子にフタがされており使用不可になっていますが、グラフィックカード非搭載モデルの場合、アナログRGB ミニD-sub15ピン×1、HDMI ×1が利用可能です。

中段には拡張カードを配置。この構成では、NVIDIA GeForce RTX2060を搭載しており、映像出力端子としてHDMI×1、デュアルリンクDVI-D×1、DisplayPort×1が利用可能。
グラフィック
インテル UHD グラフィックス 630(CPU内蔵タイプ)
NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER
NVIDIA GeForce RTX 2060
NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER
利用できる映像出力端子
アナログRGB ミニD-sub15ピン×1
HDMI ×1
デュアルリンク DVI-D×1
HDMI ×1
DisplayPort×1
マルチディスプレイ
2画面対応
3画面対応
搭載しているグラフィックによって、使える映像出力端子が異なります。詳細は上の表のとおり。NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER/RTX 2060/RTX 2060 SUPER搭載モデルの場合、3つの映像出力端子を備えているため、3画面同時出力が可能。より広い表示領域を確保できるため、作業効率をアップさせることができます。

下段には電源端子を配置。
5)容易に筐体内部にアクセス可能
Pavilion Gaming Desktop TG01では、背面部右にあるネジを1つ外すだけで、側面部を取り外して筐体内部にアクセスできます。

ネジはトルクネジですが、マイナスドライバを使って、緩めることが可能。

ネジを外したら、左側面部を背面部方向に少しずらせば、簡単に側面部を取り外せます。

筐体内部。右側の手前には、上部にHDDドライブベイと下部に鉄製のシャーシが配置されています。

増設などのカスタマイズ作業をするとき、このドライブベイとシャーシが邪魔になりますが、 これらのパーツはネジを外すだけで簡単に取り外せます。

前面部のカバーを取り外します。前面部にはLEDが配置されているためケーブルが接続されています。強く引っ張って断線させないよう注意する必要があります。

ドライブベイとシャーシはトルクネジで接合されています。このネジを外します。マイナスドライバを使って取り外せます。

シャーシが外れました。

前面部裏にあるHDDが姿を現しました。この状態でも、ドライブベイの裏側にメモリスロット/SSDスロットが配置されているため、ドライブベイが邪魔になります。

ドライブベイを取り外すには、前面部の中央にあるネジを外します。このネジもマイナスドライバで取り外すことが可能。

ドライブベイを取り外しました。

これで筐体内部に自由にアクセスできるようになります。

これだけスペースがあればカスタマイズ作業も容易に行えると思います。

筐体内部。上部にマザーボード、左下に電源ユニット、右下にHDDが配置されています。

マザーボード。中央左にCPU冷却ファン、その右にメモリスロット、さらに右にSSDスロットが配置されています。

メモリスロットは2基搭載。

マザーボードの下の方にはグラフィックスカードを搭載。

拡張スロットは、
■PCI Express x16 × 1スロット
■PCI Express x1 × 1スロット
を搭載しています。

この構成ではNVIDIAR GeForce RTX 2060を搭載しているため、PCI Express x16スロットに空きはありません。

グラフィックカードの下には電源ユニットを配置。この構成では、内蔵500W電源、80PLUS GOLD 相当を搭載しています。

前面部裏の下部にHDDを配置。

以上、Pavilion Gaming TG01の筐体内部についての解説でした。
まとめ

Pavilion Gaming Desktop TG01について詳しく解説しました。特徴をまとめると次のとおり。

・ブラックを基調とした落ち着いた雰囲気のデザイン
・グラフィックスにNVIDIA GeForce RTXシリーズ搭載モデルを選択可能
・高い性能を発揮できるよう設計
・ミニタワーボディを採用


ゲーミングマシンに位置づけられているだけに高いパフォーマンスを発揮できる構成を選べます。パフォーマンスに妥協したくない人、ゲームを堪能したい人にオススメです。

また、高い描画処理性能を実現しつつ、ゲーミングPCとしてはデザインがおとなしめでLEDもオフにできるため、画像/動画編集などのクリエイティブワークに従事する人にもオススメです。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPCが7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(13.2万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2021年9月30日(木)迄の期間限定です。
個人向けデスクトップ/ノートPCを11万円以上購入すると5%オフになるクーポンも提供中。購入額が11万円以上13.2万円未満の場合には、こちらのクーポンを適用するとお得です。→HP割引きクーポンページicon
ゲーミングPCオンラインストア限定セール実施中! new!

ゲーミングPCオンラインストア限定セールを実施中です。ゲーミングデスクトップ/ノートPCをお得にゲットできるチャンス。詳しくは、ゲーミングPCオンラインストア限定セール詳細情報 icon(HP公式ページ)を参照してください。

icon icon

楽天市場でHPパソコンをお得に購入できます! new!
HPでは楽天市場店にも力を入れています。楽天ポイントを大量にゲットできるセールも定期的に実施しているので、是非確認してみてください。
当サイトではHPパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしていますので、最新情報をチェックしたい人は是非フォローしてください。
(更新日:2021年1月26日)