HP Spectreマウス 700レビュー[PR]

HP Spectreマウス 700は、センサーに不可視レーザーを採用したワイヤレスマウスです。

HP Spectreマウス 700レビュー

主な特徴は次のとおり。

  • センサー方式に精度の高い不可視レーザーを採用
  • Bluetooth 4.0(以降) または 2.4GHzワイヤレスで接続可能
  • 丸みを帯びた形状でにぎりやすいデザインを採用
  • 充電方式

ここでは、HP Spectreマウス 700の特徴・使い勝手について詳しく解説します。

こに記載されているスペック・構成等は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。このレビュー記事は、日本HP様から製品をご提供いただいてレビューしています。

当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!

*当サイト向け特別クーポンが提供されています。個人向けPCが7%オフ/法人向けPCが4%オフになるクーポンが利用可能です。

HP Spectreマウス 700の特徴・使い勝手をチェック

機種名 HP Spectreマウス 700
接続方式 Bluetooth 4.0(以降) または 2.4GHzワイヤレス
センサー方式 不可視レーザー
スクロールホイール 4 way (上下左右) 、高速スクロール機能搭載
電源方式 / バッテリ駆動時間 USB充電 / 約 11 週間
カラー ブラック / ブルー / バーガンディ / シルバー / ホワイト
サイズ(幅 x 奥行き x 高さ)/ 質量 約 104 mm x 63.5 mm x 36 mm / 約 94g

HP Spectreマウス 700は、シンプルながら洗練されたデザインに仕上がっています。

卵のように丸みを帯びた形状をしています。

ホイールの部分はでこぼこしており、指で回すときにひっかかかりやすいようデザインされています。

横から見たところ。手に馴染むよう、曲線が用いられています。

マウスの左側には、進むボタンと戻るボタンを配置。このボタンを使って、Webブラウザなどで前のページに戻ったり、次のページに進んだりできます。

大きすぎもせず、小さすぎもせず、ちょうどいい大きさです。

丸みを帯びたデザインのため、自然な感じで握ることが可能。

ずっと触っていても違和感がないですね。

重量は92g(実測値)。実際に操作していて、「重い」という印象を受けることはありません。

ほどよい大きさで使いやすいマウスだと思います。

目に見えない不可視レーザー光を照射する方式を採用。光学式よりも高精度・高感度・高解像度のため、 細かなマウス操作にも正確に反応してくれます。その分、他のセンサー方式に比べて高価です。

実際に使ってみると、すごくスムーズにポイントを移動できます。

カラーリングとして、ブラック、ブルー、バーガンディ、シルバー、ホワイトの計5色が用意されていますが、現時点で販売されてるのはブラックとシルバーのみです。

レビューモデルはシルバー。エレガントな仕上がりになっていると思います。

底面部はこんな感じ。中央の上から順に、電源/ペアリングランプ、電源スイッチ、ペアリングボタン、センサーが配置されており、左側に接続ランプが配置されています。

Spectreマウス 700をPCに接続するには、同梱されているレシーバーを装着する/Bluetoothで接続するの2つの方法があります。Bluetoothでは3つのデバイスに接続することができるため、合計4つのデバイスに接続しておいて、切り替えて使うことが可能です。

上の画像の左に接続ランプが配置されていますが、中央のペアリングボタンを押すことで、接続先のデバイスを切り替えることができます。

最大4台のデバイスでSpectreマウス 700を共有できるので便利だと思います。

レシーバーで接続する方法は簡単。

付属のレシーバーをUSB端子に接続すればOKです。

すぐにセットアップが完了して使えるようになりました。

次にBluetoothで接続してみます。底面部中央にあるペアリングボタンを長押しします。

「設定」画面でBluetoothデバイスを追加すれば利用可能になります。前述したように、最大3台のデバイスとBluetooth接続することが可能。状況に応じて接続を切り替えることができます。

Spectreマウス 700は充電式のマウス。バッテリ満杯の状態からだと約11時間使えます。

バッテリ残量が少なくなったら、マウス前方にあるmicroUSB端子から充電することが可能。

USBケーブルが同梱されるので、

このケーブルを使って充電できます。

充電中もマウスを利用できます。

ちょっとケーブルが邪魔になりますが、有線タイプのマウスだと思えば我慢できるかな。

底面部は磁石で引っ付いているだけなので、簡単に外せます。

底面部を外したところ。

一番下にレシーバーを格納することが可能。

利用しないときや持ち運ぶときは、ここにレシーバーを格納することで、

レシーバーを紛失するリスクを減らせます。

磁石でくっついているので、逆さにしても落下しません。

同梱物は上の画像のとおり。マウス本体、レシーバー、充電用USBケーブル、説明書が含まれています。

こんな感じでパッケージされています。

まとめ

以上、HP Spectreマウス 700について詳しく見てきました。主な特徴は次のとおり。

HP Spectreマウス 700の特徴
  • センサー方式に精度の高い不可視レーザーを採用
  • Bluetooth 4.0(以降) または 2.4GHzワイヤレスで接続可能
  • 丸みを帯びた形状でにぎりやすいデザインを採用
  • 充電方式

機能面も充実しており、手に馴染む大きさでデザインもいいので、使いやすいと思います。

(更新日:2022年2月21日)