HP Pavilion Plus 16-abレビュー

(*当サイトの記事にはアフィリエイト広告が含まれています)

Pavilion Plus 16-abは、16インチパネル搭載ノートPC。HPノートPCのスタンダードに位置づけられるPavilionシリーズに属しています。

HP Pavilion Plus 16-abレビュー

【プロモーション/株式会社日本HP】

Pavilion Plus 16-abの主な特徴は次のとおり。

  • 縦横比16:10の16インチIPSパネル搭載ノートPC
  • アルミニウムを用いたスタイリッシュなデザイン
  • 第13世代インテルCore 「Hシリーズ」プロセッサ搭載

イベントでPavilion Plus 16-abに触ることができたので、ここではPavilion Plus 16-abの特徴・スペック等について解説します。

*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。

当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!

*当サイト向け特別クーポンが提供されています。個人向けPCが7%オフ/法人向けPCが4%オフになるクーポンが利用可能です。【プロモーション/提供:株式会社日本HP】

1)16インチパネル搭載ノートPC

Pavilion Plus 16-abは16インチとう大きめのパネルを搭載したノートPC。

 

液晶の外枠(ベゼル)が狭いスリムベゼルデザインを採用することで、画面への没入度をたかめることができるほか、ボディがコンパクトに収まります。

厚さは最薄部で19.9mm。

標準的な厚さです。

重量は約1.89kg。16インチノートとしては一般的な重さかな。気軽に外に持ち出すには重いので、普段は据え置きタイプとして使用し、必要に応じて室内を移動させて使う感じでしょうか。

同じPavilion Plusシリーズで、一回り小さいな14インチパネル搭載のPavilion Plus 14も展示されていました。上の画像の左がレビュー機、右がPavilion Plus 14です。

→参考:Pavilion Plus 14レビュー

2)アルミニウムを用いることでスタイリッシュなデザインを実現

Pavilion Plus 16-abはボディにリサイクルアルミニウムを採用。アルミニウムは、樹脂製ボディと比べて質感が高いので、スタイリッシュな仕上がりになっていると思います。

カラーリングはナチュラルシルバー。シンプルな色合いです。

3)スペックをチェック

Pavilion Plus 16-abの主なスペックをチェックします。

パッケージ HP Pavilion Plus 16-ab0000
カラーリング ナチュラルシルバー
ディスプレイ 16.0インチワイド・WQXGA 非光沢・IPSディスプレイ (2560×1600 / 16:10 / 400nit / 最大 120Hz) テュフ・ラインランドEyesafe認定ディスプレイ
タッチパネル -
CPU インテル Core i5-13500H プロセッサー (最大 4.70GHz, インテル スマート・キャッシュ 18MB)

インテル Core i7-13700H プロセッサー (最大 5.00GHz, インテル スマート・キャッシュ 24MB)
メモリ 16GB オンボード (7500MHz, LPDDR5x)
ストレージ 512GB/1TB SSD (PCIe Gen4x4 NVMe M.2)
光学ドライブ なし
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop グラフィックス6GB (GDDR6)
バッテリ駆動時間 最大 9時間
寸法 約 357 x 253.5 x 17.7 mm (最薄部)
重量 約 1.89 kg

CPU

CPUは13世代インテルCoreプロセッサ搭載モデルを選択可能。

【第13世代インテルCoreシリーズ一覧】
第13世代インテルCore 性能 特徴
Hシリーズ



ゲーマーやクリエイティブワーカー向けのハイパフォーマンスモデル
Pシリーズ
一般的なユーザー向けのモデル
Uシリーズ
省電力が求められるモバイルPC/タブレットPC向けのモデル

第13世代インテルCoreプロセッサの種類として、高性能マシンに搭載される「Hシリーズ」、標準的な使い方が想定されるPC向けの「Pシリーズ」、モバイルタイプのPC向けの「Uシリーズ」の3つ挙げられます。その中でPavilion Plus 16-abは、「H」の付いた高性能タイプを搭載しており、性能にこだわっています。

ちなみに姉妹モデルで14インチパネル搭載のPavilion Plus 14-ewは、第13世代インテルCore 「Uシリーズ」を搭載しています。

CPU 第13世代インテルCore i5-13500H 第13世代インテルCore i7-13700H
コアの数 12
(Performance-cores:4)
(Efficient-cores:8)
14
(Performance-cores:6)
(Efficient-cores:8)
スレッドの数 16 20
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.70GHz 5.00GHz
キャッシュ 18MB 24MB
第13世代インテルCoreプロセッサの特徴

第11世代プロセッサでは同じ特徴を持つコアが搭載されていましたが、第12/13世代プロセッサでは特徴の異なる2種類のコア(Performance-coresとEfficient-cores)が搭載されています。

コア数を増やすことでマルチスレッド性能は向上しますが、消費電力が大きくなってしまいます。第13世代プロセッサでは、パフォーマンスが低めながら消費電力の小さいEfficient-coresとパフォーマンスが高いPerformance-coresを使い分けることにより、パフォーマンスを高めつつ消費電力を抑えることができるようになっています。

メモリ

メモリは標準で16GBを搭載。負荷が軽めのタスク(Web閲覧、表計算ソフトの標準的な操作、動画再生等)であればストレス無く処理できると思います。性能重視の方向けに、より大容量のメモリを搭載したモデルが用意されていると良かったのですが、残念ながら選択肢はありません。

またオンボードメモリのため、購入後にカスタマイズすることはできません。

ストレージ

高速アクセス可能なSSDを搭載。HDD搭載モデルは用意されていません。容量は512GB/1TBを選択可能。

  価格 アクセス速度 耐衝撃性 静音性 重量
HDD
従来から使われていたストレージ。大容量化が進み、SSDと比べて安価で大容量のデータを保存できます。ただし、データ転送速度はSSDよりも遅いです。
SSD
HDDよりもデータ転送速度が圧倒的に速いため、全体的なパフォーマンス向上につながります。ただし、HDDと比べて高価なため、同じ価格だと少ない容量しか積めません。

グラフィックス

NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop グラフィックスを搭載。

グラフィックス 性能 主な用途 本モデルで選択可能
CPU内蔵タイプ  


高い
動画再生 ×
NVIDIA GeForce MXシリーズ 動画再生/軽めのゲーム ×
NVIDIA GeForce GTXシリーズ ゲーム/動画・画像編集 ×
NVIDIA GeForce RTXシリーズ 負荷のかかる
ゲーム/動画・画像編集

性能高めのRTXシリーズグラフィクスなので、描画処理能力が必要な動画/画像の編集、ゲームなどをある程度に処理できると思います。ただし、最新の40xxシリーズではなく、30xxシリーズです。

4)パッケージをチェック

Pavilion Plus 16-abのパッケージ別のスペックは次のとおり。

モデル名 Pavilion Plus 16-ab
モデル名 スタンダードモデル パフォーマンスモデル
CPU インテル Core i5-13500H インテル Core 7-13700H
メモリ 16GB オンボード
ストレージ 512GB SSD 1TB SSD
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop グラフィックス
割引き後価格 【快適パソコンライフ!】
179,800円~
【快適パソコンライフ!】
199,990円~

月末タイムセールiconの価格
(2024/2/29(木) 12:59迄)

149,301円~
【快適パソコンライフ!】よりも
(30,499円お得!)
169,992円~
【快適パソコンライフ!】よりも
(29,998円お得!)

(*価格は2024/2/19時点(税込))

スタンダードモデルとパフォーマンスモデルを用意。スペックの違いは、CPUの種類/ストレージの容量です。

5)特徴をチェック

Pavilion Plus 16-abの特徴をチェックします。

搭載している端子類

搭載している端子類は次のとおり。

  • HDMI 2.1出力端子×1
  • SuperSpeed USB Type-A 5Gbps ×1
  • SuperSpeed USB Type-A 10Gbps ×1
  • SuperSpeed USB Type-C 10Gbps ×2 (Power Delivery、DisplayPort 1.4、電源オフUSBチャージ機能対応)
  • Thunderbolt 4 with USB4 Type-C 40Gbps ×1 (Power Delivery、DisplayPort™ 1.4、電源オフUSBチャージ機能対応)
  • ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
【搭載しているUSB端子の種類と配置場所】
USB端子 最大転送速度 個数/場所
USB 3.2 Gen 1 Type-A 5 Gbps 1個/左側面部
USB 3.2 Gen 2 Type-A 10 Gbps 1個/右側面部
USB 3.2 Gen 2 Type-C 10 Gbps 1個/右側面部
USB4 Type-C 40 Gbps 1個/右側面部

USB端子は、従来からあるType-A端子が2つ、前後の向きのないType-C端子が2つの合計4つ搭載されています。

【搭載しているUSB Type-C端子の主な仕様】
USB Type-C 本モデルでの対応 特徴 備考
Alt Mode-DisplayPort 外部映像出力可能 Alt mode対応のUSB Type-Cケーブル必要
PowerDelivery対応 受給電可能 高速充電可能

Thunderbolt 4

△(1個だけ対応) 最大40Gbpsで転送可能 Thunderbolt 4対応機器と接続する必要あり

USB Type-C端子は、Power Deliveryに対応。Power Delivery対応のバッテリを用意すれば、外出先で充電することが可能。 またDisplayPortにも対応しているため、外部モニタに映像を出力するのにも使用可能です。

1つのUSB Type-C端子のみ、Thunderbolt 4に対応しています。

SDカードリーダーは非搭載なので、SDカードを多用する人はご注意ください。

カメラ

約500万画素の高精細カメラを搭載しており、綺麗に撮影できます。またプライバシーシャッターを搭載しているので、物理的にカメラに蓋をすることで、画像・映像の漏洩問題を防止できます。あと瞬時にマイクをオフにできるマイクミュートボタンも搭載しています。

指紋/顔認証

指紋/顔認証機能を標準で装備しているため、セキュリティを高めることができるうえ、ログイン時にキーボード入力の手間を省けます。

サウンド

Pavilion Plus 16-abは、北欧の老舗音響メーカーBang&Olfusenと共同開発したサウンドシステムを搭載しており、音質にもこだわっています。

マウス同梱

厚さ2.5mmのスリムタイプマウスが標準で同梱しています。

6)各パーツをチェック

Pavilion Plus 16-abの各パーツをチェックします。

ディスプレイ

【ディスプレイのスペック】
  ディスプレイ
パネル 16.0インチ/16:10/IPS
最大解像度 WQXGA(2560×1600)
光沢/非光沢 非光沢
タッチパネル 非タッチパネル
輝度 400nit
リフレッシュレート 最大120Hz

16インチパネルを搭載。従来搭載されることの多かった縦横比16:9ではなく16:10のパネルを搭載。縦に広く表示できるため、縦方向に長くなりがちなWebブラウザなどを見るときに便利です。

【IPSパネル】

表示が綺麗で視野角の広いIPSパネル搭載モデルを用意。

  メリット デメリット
TN
  • 価格が安い
  • 応答速度が速い
  • 色表現が淡い
  • 青みがかった表示
  • 視野角が狭い
VA
  • コントラスト比が高い
  • 黒の表現がいい
  • 色表現がそれほど良くない
  • 視野角がそれほど広くない
★IPS
  • 色表現が優れている
  • 視野角が広い
  • 価格が高い

姉妹モデルのPavilion Plus 14-ewではOLED(有機EL)パネル搭載モデルが用意されていますが、本モデルでは現時点では選択肢は用意されていません。

【光沢/非光沢パネル】
  メリット デメリット
光沢パネル
  • 色の表現が鮮やかなので、映像/画像を楽しめる
  • 照明など、周りの物の映り込みが発生しやすい。
  • ぎらつきが多いので、長時間見続けた時の目への負担が大きい
非光沢パネル
  • 映り込みが発生しにくいので、いちいちディスプレイの角度を調整しなくてもいい
  • ぎらつきが少ないので目への負担が軽い
  • 光沢パネルと比べて、色の表現が淡い感じになる

非光沢パネルを採用。光沢パネルの方が色表現が鮮やかになりますが、映り込みが発生しやすいです。非光沢パネルの方が映り込みが発生しづらく、長時間見続けたときの目の負担を軽減できると思います。

【タッチパネル】

タッチパネルは非搭載。

【輝度】

画面の明るさを示す輝度は400nitと明るめパネルを採用しています。

【リフレッシュレート】

リフレッシュレートとは、1秒間に画面が何回書き換わったかを計測する値。Hz(ヘルツ)で示され、1秒間に60回書き換わると60Hzと表現されます。

リフレッシュレートが低いとチラツキが生じたり、映像が滑らかに表現されない、などの問題が生じるため、ゲームを堪能することができません。

本モデルに搭載されるパネルのリフレッシュレートは最大120Hz。一般的なモニタのリフレッシュレートが60Hzですから、約2倍の値となっており、より滑らかな表現が可能です。

キーボード

キーボードはテンキー搭載モデル。

キーピッチ(キー間の距離)は18.7mm。フルサイズのキーボード(約19mm)と比べると若干狭め。

キーストローク(キーを押し込む深さ)は約1.5mmと、このクラスのPCとしては標準的な深さだと思います。

タッチパッドはクリックボタンが一体となったタイプを採用。

まとめ

以上、Pavilion Plus 16-abの特徴について解説しました。主な特徴をまとめると次のとおり。

Pavilion Plus 16-abの特徴
  • 縦横比16:10の16インチIPSパネル搭載ノートPC
  • アルミニウムを用いたスタイリッシュなデザイン
  • 第13世代インテルCore「Hシリーズ」プロセッサ搭載
  • NVIDIA GeForce RTX 3050グラフィックス搭載

16インチという大きめのパネルを搭載したノートPC。第13世代インテルCore Hシリーズプロセッサ+NVIDIA GeForce RTX 3050グラフィックスという組み合わせにより、描画処理能力が必要なタスクもある程度快適にこなせる仕様になっています。

ボディにアルミを用いているのでスタイリッシュなデザインに仕上がっていると思います。画面大きめで高い性能を発揮できるノートPCを探しているが、見た目にもこだわりたい人にオススメです。

当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPCが7%オフに!  new!

日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。 このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(13.2万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。【プロモーション/提供:株式会社日本HP】

当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!

*HPでは楽天市場店にも力を入れています。楽天ポイントを大量にゲットできるセールも定期的に実施しているので、是非確認してみてください。またAmazonでも購入できます。

HP DirectPlus楽天市場店  →Amazon HP特集ページ